熱帯夜でも快眠を得る方法!

ベッドで寝ている男性

熱帯夜が続きますね〜・・・
最近はスーパー熱帯夜なる日もあるそうで夜の不快さは増すばかりです。

「もっと快眠を得る方法はないんかね!?」

ということで今回は、
熱帯夜でも快眠を得る方法をご紹介します!

スポンサードリンク



 

熱帯夜でも快眠を寝る方法!

36〜38度のぬるま湯に浸かる!

お湯を溜めているお風呂

以前の記事でぬるま湯に浸かることで身体の熱を逃がし快適に寝れる!
ハッカ油を入れると更に効果が上がる!とご紹介しました。

実際とても効果的でこれだけでも快適に眠れるんですが、
さらに効果を上げるなら半身欲にして長めに浸かってください。

半身浴にすることでリラックス効果が上がり
寝る時の不快感を減らすことができるからです。

また長めに浸かり汗をしっかり出すことで、
分泌される汗がサラサラになります。

あのベタついて不快な汗から解放されるのでおすすめですよ♪
サラサラの汗には天然の保湿効果もありまして、お肌に良いのも嬉しいところ!

 

アロマを焚いてみよう!

一面ラベンダーの牧歌的な風景

じめじめむしむしと身体的に辛い熱帯夜ですが、
イライラムカムカと精神的にくるのも嫌なところ。

この精神的な不快感を和らげるためにアロマがおすすめです。

特にラベンダーの香りは自律神経の回復を促し
副交感神経を優位にし、気持ちのいい眠りを誘ってくれます

他にもローズやベルガモットなんかの精油を使ってもいいですね♪

お気に入りの精油をハンカチに数滴しみ込ませ、
枕元に置いておくだけで快眠を得ることができますよ〜!

 

ハーブティーを飲んでみよう!

紅茶

同じくハーブのお話ですが、
ハーブティにも色々効能がありまして快眠を得られるものがあります。

私のおすすめはカモミールティー。

リラックス効果がとっても高いので、
ほわ〜っと心地よい眠気を運んでくれます。

熱帯夜はイライラして精神が高ぶっていますからね、
寝る前に一杯飲むことでとても心穏やかになれますよ♪

カモミールにレモングラスを加えたのが私は好きですね、
ハーブティが苦手な人でも飲みやすいと思います!

中にはお手洗いが近くなるものもあるので、
よくよくハーブの効能を調べてから使ってくださいね〜。

 

自然音を流してみる!

人間の聴覚はとっても敏感でして(むしろ鈍感?)
聞いている音によって身体の状態が大きく変化するんです!

例えば風鈴ですね。
あの「チリーン」という音(ボキャ貧)を聴くとなんとな〜く涼しい感じがしますよね?

あんな感じで、
滝の音や、川のせせらぎ等の自然音を流すと寝やすさが全く違います!

暑いはずなのになんだか涼しい所にいる気分になって、
体感温度も低くなります。

自然音はα波を増大させますので、
これも快眠にはうってつけ!

こんな感じの音ですよ〜↓


一押しの方法なので是非お試しください!

最後に

いかがでしたか?
今回書いた内容は熱帯夜でなくても眠れない時に効果的です。

それでも暑い夜に効果があるものを厳選してご紹介したので、
辛い時には是非試して頂きたいです。

また機会があったらなかなか眠れない時に快眠を得る方法なども紹介できたらな〜
と思いますので、また読んで頂けたら嬉しいです!
最後まで感謝です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。