夏バテの吐き気!改善するには?

体調の悪そうな女性

夏バテの症状の一つ吐き気
食欲減退や倦怠感も嫌ですが、吐き気までくると本当に困りますよね。

かくいう私は吐き気があろうがなかろうが、
暑くて1日2個アイスを食べる始末
パ○ム美味しいです。

夏バテの吐き気には逆効果なんですけどね・・・汗

と今回は戒めのためにも、
夏バテの吐き気の原因や改善方法をご紹介しますね!

スポンサードリンク



 

夏バテの吐き気改善!

温かいものを摂る

紅茶

まずはこれ、温かいものを摂りましょう。

夏は暑いですから冷たいものを摂りがち。

ついついよく冷えたジュースやお茶を飲んだり、
氷を口に含んだり、アイス食べたりしちゃいますが、
内蔵には全く優しくありません。

特に胃は食べたものの影響を受けやすく、
冷えたものを入れればそれだけ熱を奪われてしまいます。

スッキリした気分になりますが、
胃は熱を奪われてどんどん弱っていきます。

そこに食べ物が入ってくると・・・
胃が上手く働かず、炎症を起こしたりして吐き気を催すんです。

まずは胃を休めるために温かいものを摂ってあげること。
胃の温度を元に戻してあげることが肝心です。

同じく胃に負担をかけないようにゆっくり食べることも大切です。

暑いですができるだけ冷たいものは控えるようにしてください。
1日に2個もアイスなんてありえませんよ!

 

梅干しを食べてみる

梅干し

夏バテで物を食べられず、
空腹によって吐き気を催すこともあります。

そんな時は梅干しを食べてみましょう。

梅干しはクエン酸が豊富で夏バテ時の疲労回復に効果がありますし、
食欲増進の効果も期待できます。

食事の前にひとつ摘むことで、
胃を整え吐き気を緩和し食事を摂りやすくしてくれますよ♪

食べてないのに吐き気がする時は梅干しを食べてみてくださいね!

 

自律神経を回復させる

看護師さんが説明している様子

暑くてなかなか眠れなかったり、
クーラーの効いた部屋と外気との差が大きかったり、
自律神経に負担がかかっていると吐き気を感じることがあります。

食欲が落ちて食べないでいると、
それだけで自律神経が壊れていきます。

回復させるためには軽い運動をしてみましょう。
散歩するぐらいで大丈夫です。
暑くて動かないでいると自律神経が乱れてくるんです。

また首の後ろを適度に温めることも大切です。
この部分には脳幹という器官があり、
温めてあげることで自律神経や自己回復力を回復させることができます。

首の後ろは冷やすものだと思われがちですが、
冷やすと身体の疲れは増すので実は逆効果なんですよ。

身体のコリも自律神経の乱れに繋がるので、
温めて身体をほぐしてあげることが大事です。

一度マッサージを受けてにいって全身メンテナンスをするのもいいですね。
それだけで吐き気がなくなり食欲も回復することがありますよ。

 

炭酸飲料を飲む

炭酸水

すぐに吐き気を抑えるならこれですね。
私は炭酸を飲むと胃腸の不調がだいぶ落ちつきます。

炭酸には胃腸を整える効果があるので、
吐き気にも効きます。

海外ではつわりの時にジンジャーエールを飲んだりしますね。

ただ市販の炭酸は甘味料が多すぎるので、
できれば炭酸水だけのものを購入し、
そこにレモン、蜂蜜を加えて飲むことをおすすめします。

これだけで吐き気にも、夏バテの疲労感にも効くドリンクになりますよ。

あ、でもあんまりガバガバ飲過ぎはダメですよ。
飲むなら少量です。
たくさん飲むとまた気持ち悪くなってしまうので。

 

内関のツボを押す

吐き気を催した時や、
車に酔ってしまった時にかなり効果のあるツボが内関(ないかん)です。

場所はココ
画像の赤丸の部分↓

手首から指三本分下に赤点

手首のシワから指三本分下の、
中央の骨と骨の間にあります。
強めに押すと鈍痛を感じる部分です。

痛みが弱まるまでゆっくりと強めに何度が押しましょう。
即効性があるのですぐに吐き気が和らぎますよ。

とっても使えるツボなので是非覚えて使ってくださいね!

 

最後に

吐き気に対して即効性のあるものから、
普段の生活の改善と長いスパンのものまでご紹介しました。

吐き気って痛みよりもしんどいと思います。
今回の記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

まだまだ暑いですがなんとか乗り切りましょうね!

私はもう少しアイスを控えようと思います笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。