稲刈り時期のアレルギー!原因はコレかも?

たくましい稲

稲刈りが各地で行われていますね〜
秋になったな〜って香りがします。

ただ稲刈りの時期になると、
この香りと共に鼻のむずむず、咳に襲われる・・・
なんて方も多いですね。

どうしてアレルギー症状が出てしまうのでしょうか?
稲花粉が第一に思い浮かぶでしょうかが、
他が原因の可能性も!?見ていきます!

スポンサードリンク



 

稲花粉の時期は

さてさてまず一番の原因であろう稲花粉の時期を見ていきますが、

稲花粉が飛ぶ時期は実は4月〜8月。
特に5、6月が多いですね。
8月にはほとんど終息しています。

あれ、9月じゃないんだ??
と思われるかもしれませんが、
よくよく考えれば実を付ける前に花粉が飛ぶのは当然。

稲花粉のピークは9月の時点でとうに過ぎてしまっているんですね。
では、稲刈りの時期のアレルギー症状は何なのか?
説明しますね!

 

やっぱり稲花粉

先述したものと矛盾するようですが、
やっぱり稲花粉も原因の1つです。

確かに稲花粉のピークは過ぎているのですが、
稲に飛び散った花粉等がくっついてることはよくあります。

稲刈りの際に付着していた稲花粉が飛びたってしまうんですね。
稲刈りが始まると鼻がむずむず、目がしょぼしょぼするのはコレです。

近くに田んぼがある方は、
稲刈りが始まる時期を把握して対策をしましょう!

 

ハウスダストアレルギーかも?

稲花粉のアレルギー判定なんて出ていないのに、
稲刈りの時期になると咳が出る、鼻が詰まるという方。

4〜8月中にアレルギー症状がないのに、
稲刈りの時期だけあるというのは不思議ですよね?

そんな方はもしかしたらハウスダストのアレルギー持ちの可能性があります。

朝起きた時に咳や鼻水が出る。
お風呂場やトイレ、押入等、ホコリやカビが溜まりやすい場所ではすぐに症状が出る。
こんな方はハウスダストアレルギー持ちかも。

稲刈りの際や脱穀をする時など、
稲花粉を含め多くのゴミや塵が飛び散ります。

近くで稲刈りが行われていると、
相当な量の粉塵が飛んでいるんです。

これも原因の1つですので、
思い当たる方は注意してくださいね!

 

別の花粉が…

たぶん一番多いと思われるのがコレ。
9月頃から猛威を奮うイネ科のブタクサなどの花粉です。

だいたい9月頃から飛散を開始し、
11月あたりまで続きます。

ちょうど稲刈りと同時期に発生するため、
稲刈りが原因だと思われがちですが、
周りに生えている同じイネ科のアレルギーであることが多いんです。

稲刈りが終わったのに症状が続く・・・
なんて方は当てはまる可能性大です。

またブタクサのような野草は田んぼの周りに生えていることが多く、
稲刈りの影響でドッと花粉が飛び散ることも。

このせいで9月に激しくアレルギー症状が出てしまうはめに・・・
マスクは欠かせないですね。

 

ブタクサ等のアレルギーがある方は

種無しスイカ

ブタクサなどのイネ科でアレルギー症状が出る方に、
ちょっと気を付けて頂きたいことが。

花粉症がある方はそれに合併した食物アレルギーを起こすことがあるんです。
そのことを花粉食物アレルギーと言います。
最近ちょっとずつ注目されています。

ブタクサアレルギーの方は、
メロン、スイカ、カボチャなどのウリ科の野菜で食物アレルギーが出る恐れがあります。

症状はないよ!
という方でもまだ発症していないだけで、
急に喉が痒くなったり、腫れたりする可能性があるので注意してくださいね。

カボチャに関してはそれほどアレルギー頻度は多くないので、
そこまで気にしなくても大丈夫そうです。

ブタクサは大丈夫ですが、
中にはアナフィラキシーショック(短時間で動機、喘鳴、吐き気など激しい症状が出て、死に至る恐れもある症状)
を引き起こす組み合わせもありますので、
何かアレルギーを持っている方は食物アレルギーとの関連を調べてみてくださいね!

 

スポンサードリンク

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。