大寒の日、2014年は大寒波で一層寒い?原因は?

1月20日は大寒の始まりです。

期間は1月20日から2月3日、二十四節気の最後にあたる時期ですね。

一年で最も寒くなります。

・・・というのは暦の上でして実は少々ずれがあります、正確には26日ぐらいからが一番寒くなると言われています。

まだ寒くなるのか・・・と嫌になりますがこの後は立春です、どんどん暖かくなって良い季節になってきますよ。

kanpa

しかし今年2014年は例年以上に寒いですね。

そう感じてらっしゃる方も多いのではないでしょうか??

 

原因は大寒波

画像はアメリカの写真です、今年は記録的大寒波が北極からきています。

北欧もひどい被害を被っているらしく、海が瞬間的に凍るほど。

nisin

画像は海が凍るのが速すぎてニシンの大群が逃げられなかった時のものです。

自然界のバランスが狂ってしまったのかと恐ろしくなります・・・

大寒波の原因は??

何故こうも寒くなってしまったのか?

原因は北極の「極渦」と言われています。

極渦とは、北極・南極に渦巻くジェット気流のことで、この気流は寒気を止めておく働きをします。

これが近年の気候の変動で弱まり、寒気が外に出てきてしまったそうなんです。

日本は大丈夫なのか??

心配なのは日本での影響です。

ナイアガラの滝が凍る程の寒気です、被害は尋常ではないでしょう。

しかし、日本はアメリカほど寒波の影響は受けないと言われています。

まず、寒気が大陸を渡る間に暖まっていること。

そして日本海を通過せねばならず、日本海は海面温度が10度程あるので日本に到達するまでにはだいぶ弱まるからだそうです。

 

アメリカ程の影響が出ないのは安心ですが、実際例年より寒いのは事実です。

最近気候も不安定ですから、いつ異常気象が起こっても不思議はありません。

いつでも対策を打てるよう気象情報にはアンテナを張っておく必要がありますね。

 

今はまだ寒いですが、この大寒の時期を乗り越えれば春に向かって暖かくなっていきます。

この時期にしかできないこと、醤油やお酒、寒天や凍り豆腐などの仕込み、武道では寒稽古などもあります。

寒い季節にしか味わえない醍醐味を楽しんで過ごしたいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。