成人式のお祝い!金額の相場はいくら?関係によって違う?

お祝い

もうすぐ成人式ですね!
人生に一度の通過儀礼、当人にとっても周りの人にとっても感慨深いものがありますよね、しみじみ。

さてさて身内に成人する人がいると、
必要になるのがお祝い金!

金額や相場はいくらなのか?
送る相手との関係にもよりますし、ちょっと分からないですよね。

そこで今回は関係によって違う、
成人式のお祝い金の相場をお伝えします!

 

スポンサードリンク


なぜ成人のお祝いにお金を渡すのか?

悩んでいる女性

なぜ成人式にお祝い金を渡すのでしょうか?
正直渡さなくても良いのでは?とお思いの方もいるでしょう・・・が!

お祝い金はきちんと渡すべきなんです。

一生に一度のめでたい時であるのももちろんなんですが、
それよりも大事な意味があるんです。

成人式に送るお金は特別でして、
「これからは自立し責任を持って生きていくように」という願いがこめられたお金なんです。

今までは何かあっても親や親族に頼り、
”子供”として扱ってもらえましたが、そこで区切りをつける意味があるのです。

ただただおめでと〜、というだけでなく、
愛情と厳しさが込められたお金なのです。
きちんと渡してあげてくださいね!

 

親族でもどこまで渡せばいいの?

成人式のお祝いってどこまでの関係の人に渡せばいいのかよく分かりませんよね。
知人や友人に渡すという例外もありますが、
基本は三親等まで。

とはいっても自分の親や祖父母に渡すはずもないので、
自分から見ると
・兄弟姉妹(義理も含む)
・自分の息子、娘
・甥、姪
・孫
ここまでが該当します。

これ以外の親族、または知人友人などは、
よほど関係性が深いか、普段からよく関わっているなどを除けば渡す必要はないですよ〜。

さて次は気になる金額を見ていきます!

 

成人式のお祝い金の相場!関係性による違いは?

成人式のお祝い金の相場は以下です。
あなたとの関係 金額の相場
自分の子供 1〜5万円
1〜10万円(贈り物含め10万円が相場)
兄弟姉妹 1〜3万円
甥、姪 1〜3万円
それ以外の親族 5千円〜2万円
 

この表には記載していませんが、
関係の深いご近所さんや、友人知人の家族が成人された場合は、
5000~10000円程お祝い金を送ることも。


表を見ると金額の幅が大きく感じますが、
自分の子供や孫にスーツや振り袖を贈っている場合は1万円ぐらいでもOKなんです。

また兄弟間の仲の良さ、
親族との普段からの付き合いの度合いでも値段は変わります。
それほど付き合いのない親族なら1万円ぐらいでも筋は通るということです。
なんだか世知辛いですね。

またどうしても経済的に厳しい場合、
1万円ほどで済ませても問題ありません。

表に記載された金額を目安にして、
あとはどの程度の関係かを考慮して金額を決めてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。