引越し挨拶のギフトは何がいい?品物の相場と渡す時期も!

積まれたダンボール

引越しをする方がまず現地で行うのは”引越しの挨拶”
最近はご近所さんとの繋がりが薄くなったといいますが、
やっぱり引越しの挨拶ぐらいはしておかないと後々大変です。

で、いざ引越しの挨拶に伺うとなると、
必要なのは挨拶用のギフト・・・
品物の相場とか困りますよね?

そこで今回は、引越し挨拶のギフトは何がいいのか?
品物の相場や渡す時期の注意点などをお伝えします!

 

スポンサードリンク


引越し挨拶のギフトの相場

ギフト

引越し挨拶のギフトですが、
贈るものは”気持ち”程度。

相場としてはご近所さんはだいたい500〜1000円、多くて2000円ぐらいまでですね。
これ以上になると相手もお返しを考えねばいけませんし負担になってしまいます。

大家さんや管理会社さんに対しては少し高めで2000〜3000円ほどが無難でしょう。

相手にも自分にも負担がかかりすぎない、
本当に”挨拶”程度の金額で問題ないですよ〜

 

品物は何がいい?

ナチュラル石鹸

品物は基本”消耗品”です。
基本というか絶対消耗品がいいです。

初めての環境ですし隣人の好みなんて把握できていません、
形としての残るような品を渡しても相手が困ってしまいます。

石鹸やタオルなどのすぐに使えるもの。
クッキーなどの日持ちがするお菓子が鉄板ですね!

ちょっと工夫をこらしたいのであれば、
自分用にはなかなか買えないような小洒落たドレッシングや、
ソース類
なんかが喜ばれますね。

私の体験ですが、
引越しをしてきたご家族さんがご挨拶に来てくださったことがあったんですね。

その時に簡単なお菓子ともう一つ余計なものがついてきたんです・・・
余計なものというのは失礼ですが、
そのご家族さんの集合写真がのったポストカードのようなものもいただいたんです。

そこにお名前を書いてあったので名前を覚えられたのはいいんですが、
(お、おう…)としか思えず、
しかし捨てることもできず大変困ったことを覚えています。

今でも思い入れもないのに大切にしまってあります笑

名前に関しては熨斗に書けば覚えていただけますし、
あまりに突飛なものは相手が困るので避けた方がいいでしょうね。

 

引越しの挨拶に行く時期は?

悩む母親

引越し挨拶のギフトを渡しに行くのは
引越しする前の2〜3日以内。
それか当日か遅れても翌日には必ず挨拶を済ませましょう。

2〜3日前に挨拶をしておけば、
引越し作業でドタバタすることをお伝えしておけますし、
失礼がありません
のであとあとも良好な関係を築けます。

一軒家の場合は、
お向かいさん3軒、両隣2軒、裏側の1軒までご挨拶にいきましょう。

マンションやアパートの場合は、
両隣と上下の階の計4部屋と大家さんに挨拶にいきましょう。

 

賃貸でも必ず行かなきゃダメ?

一軒家やマンションを購入した場合は絶対ですが、
アパートなどの賃貸物件は挨拶に行くか迷うこともあると思います。

しかし、賃貸物件でも、
洗濯・トイレ・掃除などの生活音は響きますし、
ご迷惑はかかるので挨拶に行くのが無難
です。

ただし、女性の一人暮らしの場合は要注意。
女性が一人だと分かると何かしてくる人もいるので、
身の安全を守るため礼儀を無視することも必要です。

どんな隣人か知っておきたい場合は別ですが、
両隣が男性の時など不安な時は最悪挨拶なしでもいいでしょう。

悲しいことですが隣人が必ずしも良い人とは限りません。
自分の身は自分で守りましょう!

 

最後注意喚起になってしまいましたが、
引越しの挨拶はあとあとの関係のためにも重要な儀式です。

後で後悔しないためにもきちんと行いましょう!
それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。