引越し費用をできるだけ安く!見積もりは多く取るべし!

荷物を持って階段を登る

引越しを業者に頼むと大きく費用がかかって大変。
経験者の方はお分かりかと思いますが、思っていたよりもお金が飛んでいくんですよね〜

できれば引越しの料金は安く上がらせたい!
ということで今回は引越しの費用をできるだけ安くするためにして欲しいこと。
実践してほしいことをご紹介します!

スポンサードリンク



 

引越し料金は値切れる!

「値切る」という経験がないとなかなかハードルが高いですが、
引越し業者は比較的簡単に値切りに対応してくれます。
そこらへんの買い物でするよりずっと簡単なぐらい。

し・か・し!

簡単と言っても、
「安くしてよ〜」とただただ話すだけではいけません!(いける人はいけるのか?)

ちゃんと事前に準備が必要です!
具体的にご説明しますね!

 

見積もりを複数とる!

複数と言いますか、
お住まいの地域の大手、中小に関わらずできるかぎり見積もりはとりましょう。
見積もりの数が多ければ多い程交渉カードが増えます。

それと、見積もりをとるのは大手から!
大手はあまり値段を下げることができませんので、
そこで提示された金額を元に交渉を行っていきます。

中小の企業さんはけっこうこちらの声を聞いてくれますし、
「大手がこれぐらいだったんですよ〜」
と見積もりを見せると、そこよりも安く!と頑張ってくれます。
某電気屋の「1円でも高ければ!」ってやつですね(違うか)

安くしてよ〜と強引にいくよりは、
建設的な交渉ができるので、
値切る経験がない方でもやりやすいと思いますよ!

 

引越しシーズンを避ける!

引越し業界の繁忙期は3〜4月。
実は5月〜2月にかけては空いてる日が多いんです。

しかも5月〜2月の引越し料金はかなり安くなります。
3、4月は通常期に比べて引越し料金が3割増し程になるので、
値切る以前に安くしたいならオフのシーズンを狙うべきです。

これに関しては引っ越す時期の都合もあると思うので難しい方もいらっしゃると思いますが、
もっとも簡単に値段を下げることができるので、
時期をずらしても問題ない方は3、4月を避けて引越しをした方がいいですよ!

かつ!
オフシーズンに引越しをすることを条件に値切ることも可能なので、
さらに安くしたい方は挑戦してみてください!

 

早めに予定を確定する!

サービス業にとって先の予定が入るのは大変ありがたいこと。
会社のためにも自分のためにも仕事が入ってない日は作りたくないものです。

そんな事情があるので、
「早めに引越し日を決めるので安くしてもらえませんか?」
という交渉が効いてきます。

だいたい一ヶ月以上前に決めれると、
お安くしてもらえる可能性も高まります。


他の業者に持ってかれるぐらいだったら・・・
空いてる日が埋まるなら・・・

と業者さんにも美味しい話なので値切りやすいですよ!

早めに決められる方は是非試してみてくださいね!

 

「値切る」とか「交渉」というものに抵抗感がある人は多いと思いますが、
具体的な案・ものを提示できると罪悪感?というか負の感情も減るので頑張れますよ!

引越しを安く済ませて、
他の有意義なことにお金を使えるといいですね!
それでは!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。