下の血圧が高い原因は?実は怖い症状が!

血圧計

下の血圧ってあまり気にされない…と言いますか、
どうしても上の数値の方が気になってしまいますよね。

でも実は下の血圧が高い方が怖い症状を引き起こしかねないんです!

今回は下の血圧が高いとどのようなリスクがあるか?
高くなってしまう原因は?
といった内容をご紹介しようと思います!

スポンサードリンク



 

下の血圧と上の血圧の違いは?

悩む母親

上の血圧だけ高い人や、上はそこそこだけど下がやけに高い・・・
といった形で人によって上下の数値はさまざま。

いったい上と下の血圧ってどう違うんでしょうか?

まず上は「収縮期血圧」といいまして、
心臓がグッと縮んで血液を血管に押し出した時の高い圧力のこと。
一番強い力が血管に働いている時ですね。

続いては下は「拡張期血圧」といいまして、
心臓は血液を送り出した後に肺などから血液をギューーッと吸い込むんですが、
この時に最も血圧が低くなる
のでこれが下の血圧になります。

とここまではイメージ通りというか、
そのままですよね(笑)

しかし上と下には大きな違いがありまして、
血圧が高くなる要因が異なるんです!

その違いとは、
上は血液の状態によって大きく変わるのに対して、
下は血管の抵抗、流れやすさによって大きく変わるんです!

こんな特徴が実はあったんですね〜!
(厳密には様々な要因が絡み合います、ざっくりとこんな違いがあると思ってください)

これでなんとな〜く分かったと思うんですが、
下の血圧が高くなるとこんなリスクがあります↓

下の血圧が高くなるとどうなるの?

下の血圧は正確に言いますと、
”心臓が血液を送っていない時の数値”です。

それなのにその数値が高くなるということは、
言い換えれば血管がつまっている。
つまり血管の状態が良くないんです。

血管の状態が良くないとどうなるか?

そのままで放置すると「動脈硬化」が進行します。

そして、
・心筋梗塞
・脳卒中
・脳梗塞・・・etc

といったかなりリスクの高い疾患に罹る恐れがあります。

下の血圧が高いのってとっても怖いんです・・・汗

下の血圧が高い原因は?

ではでは下の血圧が高い原因にはどんなものがあるのでしょうか?

まずは

運動不足

いろんな悪影響を及ぼす「運動不足」
これが血管にもよろしくないんです。

運動をして体を鍛えると筋肉が強くなるように、
血管も強くなります。

反対に運動をしていないと、
血管はただただ弱っていくだけ。

軽い有酸素運動(ウォーキングや体操、水泳)を行いましょう。
筋トレなどの強い負荷がかかる運動は逆効果になることもありますので注意してくださいね!

血糖値が高い

甘いものが大好きな人。
糖尿病を患っている人。
早食いの人。
膵臓の弱い人。

このような方は血液中の血糖値が高いです。
そうなると・・・

血液中の糖分は血管のコラーゲンと結びつき、
AGEという水飴のような氷砂糖のような物質に変わります。

これが血管の弾力性を失わせ、
血管がボロボロになってしまいます。

そして血圧が高くなっていくんです。

よく噛んで野菜から食べるようにしましょう!

睡眠不足

睡眠不足になると、
心臓が普段以上に頑張ろうとするんですね。
そして上も下も血圧を高くしてしまいます。

睡眠を削ってまで何かをするのは寿命を縮めているようなものなので、
適度な睡眠時間はきちんと確保するようにしてくださいね。

脂質の摂り過ぎ

欧米よりの食生活にシフトしてから、
日本人の脂質摂取量は格段に多くなりました。

ファストフード系やコンビニ弁当は便利ですからね、
ついつい利用してしまいますが、
あまりに多いと血中の脂質がとんでもないことに・・・

脂質が多くなると血管の内側にこべりつき、
血管を詰まらせて血流を阻害します。

喫煙

タバコに含まれるニコチンには、
血管を収縮させ血圧を上昇させる効果があります。

末梢血管も収縮させるため、
血管の抵抗が非常に強くなり下の血圧が高くなります。

その際に血管の内側にもダメージを与えるので良いことが全くありません。

最後に

血圧の上昇というと「加齢」によるものが大きいと思われがちですが、
下の血圧に関しては年齢はあまり関係ありません。

つまり生活習慣が悪ければ若くても高くなってしまう恐れがあるんです。

気になっている日とはまず自分の生活習慣を見直すところから始めてみて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。