イースターの意味! 何をするの?なぜ卵やうさぎが?

卵からひよこ

イースターってご存知ですか?

最近はグローバル化が進んで、
学校や幼稚園でも行事に組み込まれるようになってきたようですが、
いかんせんイースターってなんなのかよくわからない・・・

ディズニーランドでもイベントが開かれたりしてますから、
なんとなく名前は知っているんだけど・・・
と、詳しく知らない方が多いと思います。

そこで今回はイースターの意味や、何をする日なのか?
なぜ卵やうさぎが関係あるのか?
などなどご紹介したいと思います!

スポンサードリンク



 

イースターの意味

イースターとは日本語では「復活祭」を意味します。

2000年前、イエス・キリストがゴルゴタの丘を十字架を背負い上り、磔にされ処刑されました。
それが金曜日のことです。

3日後の日曜日、遺体を納めたはずの場所に遺体がないのです。
そこに突如弟子達の前に生き返った姿で現れたんです。
これがキリストの復活です。

このキリストが死から蘇ったことを祝う日がイースターなんですね。
キリスト教徒の方にとってはクリスマスに並ぶ重要な日なんですよ〜

復活した日が日曜日なため、
イースターは毎年必ず日曜日!
・・・なので日付は決まっていないんです。

「毎年春分の日の後の最初の満月から数えて最初の日曜日」
と決まっています、覚えにくいですね〜笑

年によっては1ヶ月近くも違う日があるんですよ!

ちなみに2015年は4月5日です!
2016年は3月27日ですよ〜
■ゴルゴタの丘
ゴルゴタはヘブライ語で「しゃれこうべの場所」という意味。
しゃれこうべは髑髏(どくろ)のことで、死の象徴とされています。
そういう丘の名前ではなく処刑場を意味していたのでしょうね。

イースターには何をする?

カラフルな卵

イースターはキリスト教の盛大なお祭りです。

お祭りなんですが、
キリスト教徒の方にとってはなかなか厳かな面も。

この日は礼拝をするのが常です。
聖歌から聖書の朗読、
共同祈願や献金、
あとは聖餐式(せいさんしき)
が行われます。

日本人にとってはあまり馴染みがないですよね。
ちなみに聖餐式とは
キリストの肉であるパンと血であるワインを振る舞ってもらう(?)式です。

さらに敬虔な方々は洗礼式も行います。
この洗礼式自体は30分ぐらいで終わるんですが洗礼式を受けるまでが大変でして、
1年間の教義の受講から、日曜礼拝には必ず出席、んで入門式や洗礼志願式を済ませておかなければならないんです。

通るべき関門がたっぷりなんですね。

さらにさらにイースターの前40日間(日曜日はカウントしない)はキリストの荒野での断食にちなんで、
肉、油、卵、乳製品を断つなんてことも。

とここまで見ると
「なんて堅いお祭りなんだ…!!」
と感じることと思いますがこれだけではありません。

日本にも最近浸透しつつある文化もあります。

 

ここで登場するのが「イースターエッグ」
あのカラフルに飾られた卵ですね。



この彩った卵を家に飾ったり、
子供向けに卵を隠して探す遊び「エッグハント」をしたり、
丘の上から割らないように転がす「エッグロール」や、
卵をスプーンにのせてレースをする「エッグレース」なども行われます。

こちらの方が馴染みがあるかもしれませんね。
他にはパレードなんかもありますよ。

さてさて次はなぜ卵が使われるのか見ていきたいと思います。




スポンサードリンク

 

なぜ卵やうさぎが?

うさぎ

卵はキリスト教ができる以前から「生命」や「復活」の象徴でした。
ヒナが殻を破るのにはとてもパワーが必要ですからね。
そこから連想したのでしょう。

このヒナが殻を破る姿に、
キリストが復活した姿、死という殻を破った姿が重ねられ、
イースターには「卵」が使われるようになったと言われています。

そしてこの卵を持ってきたのが「イースターバニー」
うさぎだと言われているんですね。

多産と豊穣をつかさどるエオストレという春の女神がいるのですが、
この女神の化身または使いがうさぎなんです。
絵画でも女神が描かれる時はだいたいうさぎがいます。

またうさぎは春の「再生」のシンボルであるため、
キリストの復活と関連づけられイースターのシンボルとして登場するようになったんです。

ただキリスト教の派閥によっては、
「卵」だけが象徴でうさぎが排除されていることも。
■カラフルなイースターエッグ
色とりどりで見るだけで楽しいイースターエッグですが、
元々は何色でもいいわけではありませんでした。
本来の色は赤。
キリストの十字架での死を思い、血を連想させる赤色が伝統としてあるようです。
 

意外とイメージと違う部分もあったのではないでしょうか?

意味を知っているとよりイベントを楽しめますよね!
今年はキリストの復活に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。