寒暖差アレルギーの症状と対策とは?蕁麻疹が出ることも!?

結露窓

最近昼と夜の寒暖差が激しいですよね。
10度以上の差がある時もあって身体がついていきません・・・

 

そんな寒暖差が激しい時って鼻水が急に出てきたり、
くしゃみや咳が止まらなくなったりしますよね。
風邪かな〜と思うんですが、これ寒暖差アレルギーかもしれません!

 

今回は寒暖差アレルギーの症状と対策についてご紹介します!

スポンサードリンク



 

寒暖差アレルギーってなに?

冬の温かい部屋からさむ〜〜〜い外に出た時、
夏は暑い屋外からクーラーの効いた部屋に入った時、
春や秋は日中の寒暖差が激しい時。

 

こんなシーンで鼻水やくしゃみが急にでるようだと、
寒暖差アレルギーの可能性があります。

 

ついつい「風邪かなぁ・・・」なんて思うんですが、
なぜか熱は全然上がってこないんです。

 

とはいっても本当に風邪をひいてる場合もありますし、
花粉症の場合もあります。
花粉症もちじゃない人でも急に花粉症になることはありますからね。

 

(これじゃよくわからないと思うので、
後で見分け方についてもご紹介しますね!)

 

さてさてアレルギーって聞くと、
何か原因の物質があるのでは?と思いますが、
寒暖差アレルギーにアレルゲンはありません。

 

正式名称は「血管運動性鼻炎」と言いまして、
寒暖差による”自律神経”の乱れが原因です。

 

激しい寒暖差によって自律神経に不調がでて身体全体でさまざまな症状が出るんです。

 

なので花粉症や風邪のように、
花粉などの物質や細菌やウィルスが原因ではないんですね。

 

寒暖差アレルギーの症状は?

鼻をかむ男性

寒暖差アレルギーは自律神経の不調により起こるんでしたね。
ではどんな症状が起こるのでしょうか?

 

まずは名前にもある通り”鼻炎”のような症状。

 

鼻には吸い込んだ空気を、

”37度にする機能”
”湿度を100%にする機能”
”湿度100%にした空気を濾過する機能”があります。

 

乾燥していると鼻水を出して空気を潤すんですね。
寒くて乾燥している日って鼻がなんだか湿ってますよね?
これは鼻が乾燥した空気を潤すためだったんです。

 

で、この一連の機能を「自律神経」が担当しています。
もうお分かりだと思いますが急激な温度差のために自律神経が乱れ、
鼻の機能が上手く働かなくなって鼻水やくしゃみが出るようになってしまうんです。

 

鼻炎に似た症状になる人が一番多いんですが、
他にも様々な症状があります。

 

他の症状は?蕁麻疹が出ることも!?

かゆい

自律神経の乱れが原因なので、

・寝付きが悪くなるなどの睡眠関係のトラブル
・イライラしたり落ち込んだりと精神の不調
・食欲不振や腸内環境の悪化
・頭痛や肩凝り

 

といった症状がでることもあります。
他にもあらゆる体調不良が考えられますので、
身に覚えのない不調が現れたら寒暖差アレルギーかもしれません。

 

あとは”蕁麻疹”がでることも!

蕁麻疹は自律神経ではなく血管付近にある”肥満細胞”が原因。

肥満細胞は寒暖差を感じるとヒスタミンを分泌します。
このヒスタミンが血管を拡張させ、寒くてもしっかり血液を送れるようにしてくれるんです。

 

ですが寒暖差が激しいとヒスタミンも過剰に分泌され、
血管がグッと広がり皮膚に赤みがでるんです。
しかもヒスタミンは血管の水分を外に出しやすくするので、ミミズ腫れのような蕁麻疹が出てしまうんです。

掻くと広がるので蕁麻疹が出た場合は、
病院で抗ヒスタミン剤を処方してもらいましょう。

 

様々な症状を引きおこす”寒暖差アレルギー”
実は女性が特になりやすいんです。

少しでも防ぐために見分け方や対策について書いていきますね。

 

見分け方

寒暖差アレルギーは風邪や花粉症に似ているので、
自分が本当に寒暖差アレルギーなのか分かりにくいですよね?

 

そこで見分けるためのポイントをいくつかご紹介します。

1、熱がでない
2、目が充血していない・かゆみがない(花粉症なら目にも影響がでる)
3、季節の変わり目などの朝晩の気温差が激しい時に症状がでる
4、透明な鼻水(風邪の場合はにごる)
5、花粉が飛ばない季節

 

この5つに当てはまるようなら”寒暖差アレルギー”の可能性が大きいです。
1つか2つだと風邪か花粉症の可能性もあるのでなんとも言えないですね。
確実ではないのである程度の目安にしてくださいね。

 

寒暖差アレルギーの対策

寒暖差アレルギーを防ぐには、
まず身体に気温差を感じさせないことです。

 
  • 冷房を使うときは外気温に比べて冷たくしすぎない。
  • 外出するときはしっかり防寒する、肌を露出しない。
  • マスクをつけて乾燥を防ぐ。
  • 適宜衣服を着たり脱いだりして体温をコントロールする。
  • 身体を温める冷ます食べ物を摂る
といったことを寒暖差が激しい時は気をつけましょう。

 

また自律神経を整えるために、
  • ぬるめのお湯に浸かる
  • 睡眠時間をきちんと確保する
  • 適度な運動を行う
  • ストレス発散を行う
など自律神経が不調にならないように心がけることも大切です。

 

寒暖差で鼻水が出る時はツボで対策も↓



 

女性が寒暖差アレルギーになりやすいのは、
ホルモンの関係もあり自律神経が乱れやすいからなんです。
特に意識して身体を気遣ってあげてくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。