生理痛が酷い原因は?冷えやストレスが影響!?

酷い腹痛の女性

生理痛が酷い原因はなんでしょうか?

お腹や腰がだるいだけではなく、
頭痛や吐き気があったり、
時には腹痛で動けなくなることも・・・

毎回毎回生理がくるのが嫌になってしまいますよね。

今回は生理痛が酷い原因にについて。
冷えやストレスの影響についてまとめていきます!

スポンサードリンク



 

生理痛は痛みがないのが普通!?

驚く女性

毎回生理痛に悩まされている人にとっては衝撃的なタイトルかもしれませんね。

ですが本来生理痛はお腹や腰がどーんと重くなる感じと、
痛みがあっても痛み止めを飲めば軽く治まる程度が普通
なんです。

痛み止めを飲んでも辛い状態が続く、
寝込んでしまって動けない・・・なんて状態はなにかしら身体に不調があるサインなんですね。

この不調が生理痛を酷くしている原因でして、
人によって異なるのでそれぞれ見ていきますね!

 

生理痛が酷くなる原因

悩む母親

病気の可能性

思い月経痛(寝込む程、仕事勉強に支障がでるほど)が、
3ヶ月以上続けて起こる場合は子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が考えられます。

3ヶ月待たなくても、
一度でも寝込む程の痛みがある場合は恥ずかしいかもしれませんが婦人科を受診することをおすすめします。

貧血であることも多いので、
是非とも身体のために病院へ行ってみてくださいね。

また痛み以外の目安としては、
・大きな血の塊が出る
・月経が2日程度で終わってしまう時、また一週間以上続く時
・貧血になる

こういった場合は婦人科を受診してくださいね。

 

身体の冷え

寒気を感じている女性

生理痛が酷くなる最も大きな原因は「冷え」です。

身体が冷えると血の巡りが悪くなり、
経血がうまくできなくなります。

この時過剰に分泌されるのが「プロスタグランジン」です。
これは整理中に分泌されるホルモンの一種で、
経血をうまくおこなえるようにしてくれるます。

が!!

陣痛促進剤としても使われるぐらいでして、
これが増えるとめちゃくちゃ痛いんです。

陣痛に似たキリキリとした強い痛みが起こります。

体温を測ってみて、
35度代より下であれば低体温症です。

そうでなくても手足が冷たかったり、
お腹に手を当ててみて手が温かく感じるようなら身体は冷えています。

血行不良は痛みを強くする!
と覚えてください、まずは身体を温めることから始めましょう!

 

ストレス

ストレス

生理には自律神経の働きやホルモンの働きが大きく関わっています。
つまりこれらになんらかの支障があると、
生理がスムーズにいかず無理矢理にでも押し出そうとして痛みが増す
んです。

その自律神経やホルモンにダメージを与えるのが「ストレス」

現代はストレスに溢れていますし、
特に女性は気遣いしなければいけないシーンが多いですからね(男性も多いか・・・世知辛いですねぇ)

ストレスははっきり受けているか分からないもの、
人によっては全くストレスを受けていないつもりの人もいます。

それでも生理痛が酷い場合は、
一度自分が受けているストレスについて考えてみてください。

思い当たる節があるなら原因を解決したり、
解消に努めてくださいね、それだけで生理痛が軽くなる可能性がありますから!

 

コーヒー

コーヒー

さきほど血行不良が生理痛の大敵であるとお話しましたが、
コーヒーも血行不良を起こす代表的なもの。

毎日必ずコーヒーを飲む、
仕事中は常に横に置いてあり、
それで生理痛が酷い人は一度コーヒー断ちをしてみてはいかがでしょうか?

コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮させる効果があるので、
生理を自ら阻害しているようなものなんです。

一切飲まない!というのはあまりに酷だと思いますので、
生理前と生理中は飲まないようにしたり、
カフェインレスのコーヒーに切り替えてみてください。


生理前からカフェインを摂取しないのがポイントです!
痛みが和らぐはずです!

 

骨盤の歪み

整体

骨盤の歪みは人体に様々な悪影響を及ぼしますが、
生理痛が酷くなるのにも影響しています。

骨盤の形が歪むことで血管への圧迫が増し、
血行不良に
なってしまうこと。

加えて身体が冷えてさらに血液の巡りが悪くなり、
痛みが増してしまうんです。

・足の冷えが気になる
・下腹部だけむくみやすい、太りやすい
・お腹がぽっこりしている
・左右の肩の高さが違う
・O脚、X脚である

といった症状があてはまるなら骨盤が歪んでいる可能性大です。

これでは重い痛みがくるのも当然なので、
整体に行ったり、骨盤体操をして歪みを正してください。

手を骨盤にあててフラフープをするように腰を回すだけでも(左右両方)
骨盤の矯正になりますよ!

 

タバコ

煙

生理痛が酷くタバコを吸っている女性は、
この際思い切って禁煙することをおすすめします。

タバコは百害あって一利なしとはよく言ったもので、
生理痛にもなにも良いことはなく悪影響しかありません。

まずはタバコをすう事での血行不良
もうお分かりだと思いますが、
血行不良は生理痛の大敵です。

またタバコの成分は自律神経やホルモンを”壊す”ので、
月経が困難になったり他にも様々な影響を人体に及ぼします。

このように何も良いことはないので、
タバコをやめるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

 

生理が始まったばかり、若い

女性学生

30代になったら生理痛が軽くなった、
出産を境に生理痛がラクになったという方がいらっしゃいます。

これは子宮が発達しきったからです。

生理がはじまったばかりの人や、
若い女性は子宮が未発達なので子宮口などが非常に硬いんです。

そのため「プロスタグランジン」が多く分泌されてしまうため、
痛みが重くなりやすいんです。

とはいっても寝込む程の痛みがあるなら、
しつこいですが婦人科を一度受診してみてくださいね。
若いとなおさら恥ずかしいと思いますが何かあってはいけませんので!

 

まとめ

まとめますと、

・血行不良
・自律神経、ホルモンの働きの不調


この2点が生理痛を酷くする原因でした。

血行不良の原因はしめつけの強い服、下着などでも起こりますし、
寝不足などでも自律神経は働きが悪くなります。

この2つを意識して、
日々の生活を改善していってくださいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。