髪を太くしたい…増やす方法は?亜鉛がいい?不足かチェック!

髪が気になる男性

なんだか髪のボリュームがなくなったなぁ、
よくみると髪の毛が凄く細い・・・

昔と今の写真を見比べてびっくり、
全然髪の毛に力がないなんてことありますよね。

加齢とともに髪が細くなりボリュームがなくなるのはある程度しょうがないことですが、
なんとかして太くしたい・戻したい!と思うのが人情かと思います。

そこで今回は髪を太くするには、増やすにはどうしたらよいのか?
亜鉛がいい?といった内容をご紹介します!

スポンサードリンク



 

髪の太さは遺伝によるところが大きい

遺伝子

まず髪の太さですが、
これは遺伝による影響が大きいです。

もともと太い髪質の人もいれば、
猫っ毛のようなほそ〜い髪の人もいます。

髪の太い人は細くしたくてもなかなかできないし、
細い人が太くするのも大変です。

確かに髪の毛が太い人のほうがボリューム感は出ますし、
羨ましくなるもの理解できるんですが・・・

目に見えて髪のボリュームが減ったと実感している人は、
手厳しいですが髪が細くなったというよりも「髪の絶対量」が減ったと言ったほうが正しいです。

禿げてしまう前は髪が細くなるので、
ボリュームが減ると「細くなった!」と思いがちですが、
昔から太さに関してはそんなに変化していないはずです。

 

それでも太くしたい!

頭を抑えて天を仰ぐ男性

そうはいっても太くしたいものはしたいんだ!
という方も多いと思います。

一応あるにはあるんですが諸刃の剣というか、
なかなかリスキーな方法でもあるのでご利用は計画的に。

その方法とは男性ホルモンを増やす事です。

「え?髪の毛って女性ホルモンを増やしたほうがいいんじゃないの?」

ええ、全くその通りです。
男性ホルモンとはハゲホルモンとも言うべきホルモンで、
髪の毛にとっては害でしかないと言えます。

ですが!

髪の太さに関しては別でして、
男性ホルモンが多い方が太くなりやすく、
女性ホルモンが多い方が細くなりやすい
んです。

・・・

とまあ太くできないこともないんですが、
太くなったところで髪が減ってしまっては本末転倒です。

女性の方で髪は多いんだけど細すぎる・・・
なんて方は男性ホルモンを増やしてみてもいいかもしれませんね。
だいぶ限定的ですが・・・

「元気な毛をより太くする」よりは、
「弱った毛を元気にする」方法を求めたほうがいいです。




スポンサードリンク

 

弱った髪を元気にする、増やす

結局はここですね。
弱くか細くなってしまった毛をかつてのように戻す。
減ってしまった髪を増やす。

ようやく本題に入る事ができましたね!!(すみません)

早速方法を見ていきたいと思います。

亜鉛を摂る

味覚障害

髪には亜鉛が良いとよく聞きますよね。

実際超重要でして、
髪はタンパク質でできていますよね?

そのタンパク質を髪に変えてくれるのが亜鉛なんです。
つまり亜鉛がなければ髪は作られないんです!

とはいってもいまいちピンとこないというか、
「大事なんだな〜」という感覚ぐらいしかないと思います。

それは不足している実感がないからです。

次に列挙するのは亜鉛不足の症状です。
多く当てはまる人ほど亜鉛不足ですよ!

1、抜け毛が多くなった。
まずはこれ、このページをご覧になっている方の多くに当てはまるのでは?

2、最近酔いやすい
アルコールを分解するための酵素は亜鉛がないと仕事しません。

3、疲れやすい
亜鉛が足りないと筋肉の働きが弱まり疲れを感じやすくなる

4、物覚えが悪い
記憶能力を担う海馬には亜鉛が含まれている。減ると記憶力が衰える。

5、立ちくらみ
亜鉛が減ると血圧の調整がうまくできなくなる。貧血のような症状を感じる人は亜鉛不足かも。

5、性欲・精力の衰えを感じる
亜鉛が減ると精力が減る。パートナーとの夜の営みが上手くいかない人は亜鉛が不足している可能性大。そもそも欲求が減ったという人も注意。

6、肌荒れかゆみ・シミが酷くなってきた
加齢によるものと思うなかれ、亜鉛が不足すると細胞の再生・分裂がうまくいかなくなります。

7、爪が変な色・形をしている
亜鉛が爪の生成にも関わっています。爪が変形するのはストレスだけが原因ではありません。

8、風邪になりやすい
亜鉛が減ると免疫系がうまく働かなくなる。

9、味覚が変
これは変化に気付きにくいかもしれません。

10、目が疲れやすくなった
亜鉛が減ると網膜の機能が低下、疲れやすくなる。

以上の10点です。

いかがですか?
いくつぐらい当てはまったでしょうか?

多ければ多い程亜鉛が不足していると言えます。
食生活の見なおしをはかりましょう。

ただ亜鉛を多く含む食材は、
牡蠣・牛肉・チーズ・抹茶・胡麻・レバー・煮干しなどなど、
普段の食事で量を摂れるものがなかなかありません。

毎日牡蠣と牛肉じゃ経済的にきついですしね。

また「日本人は慢性的な亜鉛不足」とも言われるとおり、
日本人の食生活では補いにくい栄養素でもあります。

なのでここは「サプリ」に頼ってしまったほうがラクで確実です。

サプリというと警戒するといいますか、
避けたい人もいらっしゃるかと思いますが、
安価で信頼のおけるものが最近は多いです。

ネットでも注文できるので一度検索してみてください。

例えばアマゾンさんでなら60粒400円で手に入るものも。
一月200円と考えれば食生活見直すよりずっとコスパもいいといえます。



他にも色々と種類がありますので、
一度試してみるのも良いと思います。

いろいろ生活を見直すのがめんどくさい人は髪のための総合サプリを試すのもアリですね。

「白髪が増えた・・・」
「髪が細くてボリュームが・・・」
「毛が抜けるようになってきた・・・」

と髪に関しての悩みは人によって差がありますよね。
でもそんな悩み全てに対処してくれるものも↓



 

 

最後に

長くなっちゃったので最後にサラッと書きますが、
髪のボリュームの低下・薄毛は運動不足によるところも大きいです。

デスクワークの人は特に身体を動かす機会が少ないですからね。
もう全身の血流がびっくりするほど悪くなっています。

髪に直接関係ないような気がしますが、
軽いランニングをすることをおすすめします。

これだけで薄毛脱却した人もいるぐらいですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。