座っていると死亡率が上がる!?理由は?簡単にできる対策とは?

座っていると死亡率が上がる!?
そんなバカな・・・

座ってもんもん

NHK「あさイチ」で紹介されていたんですが、
見逃した〜っ!!という方や
見たけどもう一回おさらいしたいという方のために(あとは私自身の備忘録のために・・・)
座っていると死亡率が上がる理由や簡単にできる対策をまとめておこうと思います!

スポンサードリンク



 

座っているとこんなリスクが!?

リスク

座っているだけで死亡率が上がるなんてそんなことがあるの〜?
と正直疑問に思いますよね。

確かに運動不足で座りっぱなしは良くないかな、とは思いますが、
座り過ぎ=死亡
なんてあまりにもピンとこない・・・

むしろ立ちっぱなしの方が足腰は痛くなるし、
はっきりと自覚症状がある分良くないのでは?とおもってしまいます。

ところが最近の研究で(オーストラリアが率先して研究)
座りっぱなしだとあらゆるリスク・死亡率が上がることが分かったそうです。

一つずつ見ていきましょう!

 

座っている時間

タイム
座っている時間によって実は死亡率が大きく変化します。

まず1日の座っている時間が0〜4時間の人を1とします。
座っている時間が4〜8時間の人はほとんど変わらず(微増程度)なんですが、
11時間以上になる跳ね上がります!

なんと!0〜4時間の人の1.4倍も死亡率が上がるんです!

デスクワークの人壊滅じゃないか!

ちなみにこの座っている時間には睡眠時間は含まれていません。
起きている活動時間中にどれだけ座っていたかを測っているそうです。

 

1時間座っていると・・・

赤いハート

まだまだ恐ろしい話が・・・

お家でテレビを見てくつろぐ〜なんて日常的な光景だと思いますが、
これが実はどんどん自分の寿命を縮めているんだとか!?

なんと1時間テレビを座りながら見ているだけで、
平均22分も寿命が縮まるそう!

22分ですよ!!
1時間くつろいだと思ったら3分の1は緩やかに死んでいってるなんて!

休憩しているのにそんな理不尽な話があってたまるか!!と思うんですが、
そんな研究結果が出てしまったそうです・・・

 

女性はがん死亡のリスクが

驚く女性

特に働く女性に限った話ですが、
外回りや営業で1日中動いている人に比べて、
デスクワークで1日中座っている人はガン死亡のリスクが60%以上も多いそうです。

60%はちょっとリスク上がり過ぎ・・・

 

なぜ死亡率が上がるのか?

悩んでいる女性

どんなリスクがあるのかは分かりましたが、
では何故座っていると死亡率が上がってしまうのでしょうか?

理由は足の血流にあります。

血液中には糖や中性脂肪が含まれていて体中を巡っています。
糖や中性脂肪は血液が流れて代謝されることで血液中から使われていきます。

しかし1日中座っていると血流が滞り、この糖と中性脂肪が使われないんです。

使われないでいるとどんどん血液中に溜まってしまし、
血液がドロドロになっていきます。

このため、
・心筋梗塞
・脳梗塞
・糖尿病
・動脈硬化
・がん
などの病気のリスクが高まり死亡率が上がってしまうのです。

 

次はどうしたら死亡率が上がるのを回避できるのか簡単な対策方法をご紹介します!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。