大晦日にやることは?これだけやっておけば大丈夫!

「大晦日にやることってなに?」
「ん〜特に・・・のんびりして紅白みたりガキ使見てるかな〜」

ちょ〜〜〜っと待ってください!!
たしかに大晦日はのんびり過ごす人が多いと思います、それも正解です・・・が!
素敵な新年を迎えるため大晦日にはやることがあるんです!!

意外と知られていないのですよね〜(というか私も知らなかった)
というわけで、大晦日にはこれだけやっておけば大丈夫なものをばばばっとご紹介します!

スポンサードリンク


大晦日にやること

年の湯に入る

お湯を溜めているお風呂

大晦日の夜にはゆ〜っくり入浴しましょう!
年内最後のお風呂のことを「年の湯」といいます。

年の湯は「1年の間に溜まった垢を落とし清い体で新年を迎えるため」の入浴で普段とはちょっと違った趣が違います。
今年1年の思い出を振り返りながら入浴するといいかもしれませんね!
普段シャワーで済ませている人も大晦日ぐらいはお湯を張ってゆっくり入浴してみてはいかがでしょうか?

年の湯ですが、かつては歳神さまに供物をささげる前に身を清めるためにお風呂にはいっていたんだとか。
とても神聖な儀式だったんですね。

掃き納め

大晦日に仕上げの掃き掃除をすることを「掃き納め」と言います。
大掃除とまちがいやすいですが違いますよ!

ちなみに正月に掃き掃除をすると年神さまを追いだしてしまうことになるので、
その年の福が逃げちゃいますよ!


お正月はお掃除なんかしないでだらだら過ごしましょうね!笑

ちなみに大掃除は煤払いともいって、
年神さまを迎える場所を浄化し依代を確保するいみもあります。

大掃除は大晦日までに終えましょう!

依代とは?

神様や御霊(みたま)が寄りつく物や場所のこと。
人や柱、石、山、川、海などあらゆるものが対象。
年神さまの場合は門松が依代になる。

年越しそばを食べる

最近は年越しそばを食べる人が減った〜なんてお話も耳にしますがそんなことはありません。
まだまだ日本人の半分は年越しそばを食べているそうですよ!

私の実家はソバ屋なんですが毎年大晦日は戦場です!!
年越しそばを食べる人が減ったなんて全くしんじられませんよ!!

さてさて年越し蕎麦を食べる意味ですが、
「新しい年も細く長く良い年になるように」
「今年の厄災を断ち切る」
「金運を上げる」

この3つです。
新年を良い年にするためにぜひ食べておきたいですね!

年越しそばの意味や由来は?縁起の良い具はこれ!

2014.12.26

家族みんなで過ごす

3世代家族

家族みんなで過ごすのは実は正月からじゃなくて大晦日の夜からだったんです!

なぜかといいますと、今と違って昔は「日没が年の終わり」と考えられていたから。
つまり年神様は「大晦日の夜にはお家にやってくる」わけです!

 現代は西洋文化を取り入れた事で0時から日付がかわるという認識になった

年神様に訪れてもらうんですから家に誰もいないんじゃさみしいですよね?
というわけで大晦日の夜は年神様をお迎えするために家族みんなでそろって過ごしていたんです。

また年神様だけでなく、
先祖の霊がかえってくる日でもあったようで大晦日の夜にはごちそうを用意して家族で食べたのだとか。
ごちそうを食べにご先祖さまがやってくるんですって!

大晦日の夜にごちそうを食べる習慣はもうほとんど行われていないそうです。
かわりに年越し蕎麦を家族みんなで食べるといいかも知れませんね♪
地域によっては年越しそばを食べながらお迎えするところもあります。

「家族みんなで過ごすこと」が決まり事だったなんて、昔も家族全員がなかなかそろわなかったんでしょうね。
家族に会えないさみしさを素直に言えなかったから決まり事にしたのかな〜なんて。

真意はわかりませんが家族みんながそろうことなんてめったにありませんからね。
こういう機会にこそ家族でゆっくりすごしたいですね!

除夜の鐘を聞く

除夜の鐘

除夜の鐘は大晦日から新年を迎える間に撞かれる鐘のことをいいます。
新年0時から撞きはじめるわけじゃないんですよー!

大晦日のうちに107回撞いて新年を迎えたところで108回目を撞くのが正式なやり方だと言われています。

ご存知だと思いますが108という数は人の持つ煩悩の数のこと。

108つの煩悩とは?
眼・耳・舌・鼻・身・意の6つの感覚器官、
そこから感じとる「好き・嫌い・普通」という3つの感覚と、
そのそれぞれを「清いもの・汚れているもの」の2つにわけて36煩悩。

さらにこの36煩悩を「過去」「現在」「未来」の3つの状態があるとして108煩悩と数えます。

除夜の鐘は「1回撞くごとに1つ煩悩を消してくれる」と言われています。
108つの煩悩を全部消すためには最初から最後まで全ての鐘の音をきく必要があるんですよ。
頑張って聞き逃さないようにしないといけませんね笑

ゆく年くる年で馴染みのある京都の知恩院ではだいたい22:40から撞き始めます

寝ないで過ごす

なんとなくですが大晦日だけは寝ないで過ごしてもいい、夜更かししてもいいと思っている方が多いのではないでしょうか?
子どものころでも大晦日だけはなぜか許してもらえましたよね。

起きてて良いのには理由がありまして、実は昔は大晦日に寝ることがタブーだったんです!!
起きてても良い日じゃなくてむしろ寝るのを禁止されていた日だったんです!

どうして寝てはいけないのかと言いますと、大晦日に寝ると白髪が増えるだとか顔にしわがよると言われていて昔はどこの家も大晦日は起きているのが約束事だったんだそう。
また年神様を迎えるのに寝ていてはいけないという理由もあり、家族そろって大晦日は寝ないでがんばったんですね。

 

以上が大晦日にやることです!

大晦日ってけっこう暇かな〜なんて思ってたんですけど意外とやることいっぱいですね。
でもどれもこれも目的は同じ!
大晦日には1つの役割があったんです!

つまり大晦日って?

上記のやることを見るとすべて「新年を迎えるための準備」ですよね。
つまり大晦日=「年神様を迎えるための最後の仕上げの日」だということがわかりますね!

なんども登場した年神様ですが、正直なにをする神様なんでしょう??
実は聞き慣れなあるものを配りにやってくるんです!

なぜ年神様をお迎えする準備をするのか?

大掃除したり体を清めたり、家族皆でおでむかえしたりと年末は年神様のために過ごすといっても過言ではありません。
いったいここまで入念に準備をしてお出迎えする年神さまとは?

まず一番わかりやすいのが「福」を運んでくださる神様だということ。
年神さまが福を運んでくださるので良い1年を過ごせるようになります。

そしてもうひとつ重要なお役目が「年玉」をくばること。
現金・・・をイメージしちゃいますが違いますよ!!

「玉」とは魂のこと。
人間は1年すごすうちに魂、つまりエネルギーが切れてきます。
その疲れた魂を取り替えてまた1年過ごすための活力をくれるのが「年玉」なんです。

大晦日を寝て過ごすと白髪が生えたりしわがよると言われるのは、「年玉」と関係がありそうですね。
エネルギーがないと老け込みますからね〜。

この「年玉」は家長が代表して受け取り家族みんなに配ります。
「年玉」はどれだけ配っても小さくならず大きさがかわらないので家長が受けとるだけでいいんです!

ちなみにこの「年玉」を形にしたのが「お餅」。

餅

お餅がなぜ丸いのかというと魂の形を真似て作っているからです。
鏡餅をかざるのは年神さまのお仕事と深く関わっていたんですね!

昔は年の数だけお餅を食べていたそうですよ、何十個も食べるのは辛そうですけどね(笑)

 年神さまに年玉をもらうとひとつ年をとると言われています。
これはあんまり嬉しくないですね!

大晦日にやってはいけないことは?

ここまでどう過ごしたらいいかお伝えしてきましたが、
「大晦日に寝てはいけない」ように中にはタブーもありましたよね。

そこで大晦日にやってはいけないことも調べましたのでついでにご紹介します!

餅をつく

餅つき

大晦日におもちをつくのは「一夜餅」と言いタブーとされています。

理由はこちら
・年神さまを余裕をもって迎えるため
・慌ただしい様が葬式や通夜を連想させるため
・お餅が固まらないので鏡餅が沈み込んで縁起がよくない

ちなみに29日におもちをつくのもNG。
9が「苦」を連想させるとして避けられています。

地域によっては9を「ふク=福」として縁起が良いということも

おもちをつくのにベストなのは28日。
8が「末広がり」や「∞」を連想できて縁起がいいからです。

門松や松飾りを飾る

こちらは「一夜飾り」といわれ「一夜餅」と同じ理由で避けられています。

ただ地域差なのか諸説ありまして、
31日の早朝に年神さまがいらっしゃるので大晦日の早朝に飾りをしておくのが良いだとか、大晦日の夜にいらっしゃるから夕方から飾るのがよいとか。
はたまた28日から飾っておくのが良いとかいろいろです。

ただ共通して飾りを作るの早めにしておいたほうがいいようです。
あわてて飾りを作るのは失礼にあたるそう。

最後に

いかがでしたか?
これだけ知っておけば大晦日の過ごし方で困る事はないと思います!(・・・ないといいな!)

まとめますと

・年の湯に入る
・掃き納めをする
・年越しそばを食べる
・家族皆で過ごす
・除夜の鐘をきく
・寝ないで過ごす

でしたね!
ついつい正月に目がいきがちですが、良い年を迎えるには下準備が大切!!
全部はできなくてもぜひ「家族みんなで過ごす」は実践してほしいな〜と思います。

さみしいですが家族とは何回会えるのか分かりませんからね。

わたしの家は大晦日の夜まで家族みんなであわただしくグロッキーなので実践が難しいことが悔やまれます(笑)
しばらくそばを見たくないですからね!!!

それでは素敵な年末をお過ごしくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。