【土用の丑の日2017】うなぎを食べる由来は2つ!?意外な風習も!

うなぎ蒲焼

土用の丑の日といえばうなぎ。

…と言われますが”土用の丑の日”ってなんなのでしょうか?

恥ずかしながら私は子供のころ”土用”のことを土曜日のことだと思っていました!!恥

「なぜ毎年うなぎを食べる曜日が違うんだ??今日は土曜日ではないぞよ!?」

とか思いながらモリモリ食べてた記憶があります。

私の恥ずかしい思い出はさておき土用の丑の日ってなんだろう??って疑問に思っている人も多いと思うんです。

そこで今回は、

  • 2017年の土用の丑の日はいつ?
  • 土用の丑の日とはなに?どう決まっているの?
  • うなぎをどうして食べるの?その由来は?
  • 土用の丑の日には他にも風習があるの?
といった内容でお送りしたいと思います!
では見ていきましょう♪

 

スポンサードリンク


土用の丑の日 2017年はいつ?

土用の丑の日は毎年ちょっと日にちが違いますよね?

では今年、2017年はいつなのかといいますと〜
  • 7月25日 火曜日
  • 8月6日  日曜日
今年はなんと2回も土用の丑の日があります!!今年はうなぎを2回食べられますね!(そういうことではない)

なんと、というほどのことじゃないんですが土用の丑の日は毎年1〜2回ありまして、このように土用の丑の日が2回あることを”二の丑”と言います。

んん〜・・・でもどうして土用の丑の日が1回の時や2回の時があるのでしょうか??

土用の丑の日とは?

そもそも”土用の丑の日”とはなんなのか?

実は土用の丑の日は夏だけではありません。

春・夏・秋・冬それぞれの季節に土用の丑の日は存在しています。

ちなみに2017年だと・・・
  • 冬=1月26日木曜日
  • 春=4月20日木曜日、5月2日火曜日
  • 夏=7月25日火曜日、8月6日日曜日
  • 秋=10月29日日曜日
これだけあります。

土用の丑の日はこれだけありますが、一般的には夏のことを指します。

 

なんで1年の間にこれだけあるのかというと

そもそも「土用」と「丑の日」は別物、まずは「土用」と「丑の日」それぞれの意味を知る必要があります。

 

土用とはなに?

土用とは二十四節気の”立春・立夏・立秋・立冬”の日より前の18〜19日間のことをさします。

約18日間や18〜19日間という曖昧な表現になるのは土用が太陽黄経によって決まっているからでして。
夏の土用に限った話ですが、太陽の黄経が117度から135度になるまでの期間が夏の土用になります。(立秋前)
日にちにすると平均18.82日間になります。

土用のことを正確には「土旺用事(どおうようじ)」と書きまして、「土の気が旺(さかん)になり事を用うる」という意味。
ざっくり説明すると「大地や自然のパワーがすごい時」です。

そんな約18日間のことを”土用”というんですね。
カレンダーに記すとこの期間です↓

土用2017

今年の夏の土用は7月19日〜8月6日になりますね。

ちなみに土用の1日目のことを”土用の入り”
2017年だと7月19日。

土用の入り

 

土用に入って3日目のことを”土用三郎”といいます(統一感がなさすぎる!!)
2017年だと7月21日。



どうですか?土用についてはご理解いただけたでしょうか!
次は丑の日について説明していきますよ〜

 

丑の日とは?

丑といえば干支!

干支は日本の暦と密接な関係があります!

 

「今年は何年?」と干支はつい「年」のイメージが浮かんでしまいますが、方角や日付を数えるためにも使われています。

つまり日付を十二支で数えるとういうことは12日で一周!
12日ごとに丑の日がやってくるということです!!

もうお分かりですね!!

土用の約18日間と12日周期の丑の日がどこかで被る日がくるんです!!
そこが土用の丑の日!!

分かりやすいようにカレンダーに示しますと↓

とこのように土用の丑の日が決まっていたんですね〜〜

ガッテンしていただけましたでしょうか!?

さて次の疑問、ではどうしてその土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか??
有力なものが2つあったので見ていきましょう!

 

土用の丑の日にうなぎを食べる由来を2つご紹介!

うなぎを食べる由来は諸説あるんですが有力なものが2つあったのでご紹介します!!

まずは一番有名な説!

平賀源内発案説

江戸時代のとある鰻屋。

夏になるとうなぎがさっぱり売れないために困っていたところ蘭学者の平賀源内に相談してみることに。

すると「”本日土用の丑の日”という張り紙を店に貼りなさい」と言われます。

言われた通りにしてみると閑古鳥が鳴いていたのが嘘ように大繁盛。

周りの鰻屋も真似をして全国的に広がり、

”土用の丑の日”にはうなぎを食べるようになったという説

実はうなぎの旬は冬。

江戸時代の人はけっこうグルメだったなんて話もありまして、夏にうなぎは全然食べなかったのだとか。
今ほど保存技術も優れていませんからね”美味しいものを美味しい時に”いただいていたのでしょう。

でもそれ以上に縁起の良いものは好き。

もともと「丑の日には”う”のつくものを食べると暑さに負けない暑気あたりしない」と言われていたので、
平賀源内のアイデアで人々のアンテナにひっかかり爆発的にヒットしたのでしょうね!
さてお次は

 

鰻屋春木屋善兵衛説

文政年間。

江戸で鰻屋を営む春木屋善兵衛という男がおりました。

ある時蒲焼を納めるお祭りのために大名から「期日までに鰻の蒲焼を大量に用意せよ!」と注文を受けます。

あまりにも数が多いので善兵衛は3日に分け蒲焼を作ることにしました。

土用の子の日、丑の日、寅の日、と3日わたって焼き続けなんとか祭りに間にあわせることができました。

お祭りにだしてみたところどうしてか”丑の日”に焼いたものだけが色も味も変わっていなかった。

そんな逸話から丑の日にうなぎを食べるようになったという説も。

 

面白いですね〜(蒲焼を納めるお祭りってなんだって話ですけど)

他にも江戸時代の民間の川柳に

「丑の日にぬらくらとしたものを喰」

なんてものが詠まれていたり、うなぎの文化は庶民に浸透していたようです。

日本最古の歌集”万葉集”にもうなぎが登場する。
大伴家持(おおとものやかもち)が細身の石麿(いわまろ)に向かって詠んだ
「石麿にわれ物申す夏痩に良しといふ物そ鰻取り食せ」という歌。
奈良時代にはもう夏バテに鰻が効くと思われていたようです。

鰻の文字ばかり見ていたらお腹が減ってきました。
昔から鰻が好きな人多かったんだな〜日本人変わらないな〜と思うとなんだか笑えてきます。

さて次はうなぎを食べる以外にも何か風習があるのでは?と思い調べたものをご紹介します!

 

土用の丑の日の意外な風習

ちらっと上にも書きましたが、

「丑の日は”う”のつくものを」というのは鰻が広まる以前から日本に定着していました。

よく食べられていたのは
  • うどん
  • うめぼし
なぜ縁起担ぎが広まっていたのか?
土用の中でもなにか風習があるのは夏の土用だけ。

なぜかというと夏の土用は梅雨があけて最も暑い時期
お腹を痛めたり病にかかったりすることが多かったそうです。

そのため”う”のつくものでもお腹にやさしいうどんや痛みにくい梅干し。
スタミナのつく鰻が喜ばれたのではないでしょうか。

”う”のつくものではないですが、

内臓がくさらないようにとハラワタ餅というものを食べるところや、
土用シジミ、土用餅といってシジミや餅を食べる文化もあります。

どれも病気であったり、お腹であったり、暑さに負けないようにであったり、
この猛烈な暑さを乗り切るために知恵を絞っていたことが伺えます。

丑湯

露天風呂

土用の丑の日の湯を丑湯というところも。

山形県高梁市では川菖蒲とサネカズラを入れた丑湯に入ると1年中病気にならないそう。
また各地の温泉でも土用の丑の日は湯治の効果が高まるとして入浴客が増えるそうです!

入浴するだけでも病気にかからないという伝承もあります。

暑い時期ですのでシャワーですませる人も多いでしょうが、土用の丑の日だけは湯船を溜めてゆっくりお風呂につかってみてもいいですね♪

いかがでしたか??
土用の丑の日についてだいぶ理解が深まったのではないでしょうか?

いままでよりも一層美味しくうなぎが食べられそうですね!!

蛇足
うなぎが重たい人は先にキャベツとおろし大根を食べるといいですよ!
キャベツはビタミンU、大根おろしは消化酵素がとっても多いので胃がもたれにくくなりますよ♪

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。