足裏の汗がひどい!解消するための方法4選。

足

足裏の汗・・・なんでこんなにドバドバと出るんでしょう?

私もかなり汗をかきやすいほうで恥ずかしい経験もちらほら。

町内会で公民館に行った時なんか私が歩いたところだけペタペタと足跡が・・・・顔から火がでそうでしたよ。少しでもつかないようにとつま先で歩いたなぁ・・・しみじみ

とまあ私の恥ずかしい体験はさておき、

同じぐらいかそれ以上に悩んでいる方も多いと思うんです。

そこで今回は足裏の汗がひどいのを解消するための方法をご紹介します!

私はこれで少なくとも周りにバレるような恥ずかしいことはなくなりましたし、足の不快感もだいぶ軽減されたので有効だと思いますよ!

スポンサードリンク


どうして足裏の汗がひどいのか?

なんでこんなに足裏って汗をかくんでしょう??

実は足の裏ってからだの中でも特に汗腺が多い部位。
だいたい3〜10倍も汗腺が多いんです。

つまり自分だけ足裏に異常なほど汗をかくのではなくて、
おおかれ少なかれほとんどの人は汗を多くかいているところなんですね。

また足裏は自律神経の影響を強くうけます。
緊張していたり、なにかに熱中していたり・・・・

例えば
  • 映画の主人公が窮地に追い込まれドキドキハラハラしている時
  • プレゼン前、プレゼン中。
  • 異性の前や苦手な上司など緊張する相手といる時
こんなシーンだと汗をかきやすいですね。

さて足裏の汗がかきやすい理由はわかりましたがやっぱり個人差はあるもの。

汗腺も3倍と10倍とではずいぶん差がありますし、
全然緊張しないタイプの人もいますしね。

また体の水分量や体調でも全くちがいます。

たぶん悩んでいる方は何か”人よりも汗が出やすいポイント”があるはずです。

その点を踏まえて解消法を見ていきましょう!

 

足裏の汗を解消する方法

5本指ソックスを履く

5本指ソックス

普通の靴下では汗を発散しきれずベタベタになりますが、

5本指ソックスなら指の間の汗も吸ってくれますし、靴下の面積も多いので汗をよく発散してくれます。

それに”足が冷えにくい”のがポイント。

実は足が冷えているほど汗は出やすいんです。
足は冷やした方が汗の対策には良いように思えますが、冷えると交感神経が刺激されむしろ汗が出るようになってしまいます。

なので指先から冷えにくい5本指ソックスが最適。

「履きにくそう」
「指が気持ち悪い」

などあまりイメージがよくない方もいらっしゃると思いますが、
5本指ソックスにかえるだけで劇的に改善することもあるのでまず一度試してみてもらいたいです。
特にシルク素材のものがおすすめです。
シルクは吸湿性も放湿性も抜群。かなり快適です。
 

ふくらはぎを鍛える

ふくらはぎを鍛えてどうなるんが!?余計汗をかくじゃない!!
とお思いでしょうが・・・これがとっても効果大なんです!!

さきほども書きましたが足裏の汗は冷えが大敵。

ふくらはぎは”第二の心臓”とも呼ばれ血液を流すポンプの役目をします。

ふくらはぎを鍛えることでそのポンプの働きがよくなり血行が改善。
血行がよくなると足が冷えなくなり汗をかきにくくなるんですね。


 

さらに!!

ポンプが汲み上げるのは血液だけではありません。

体って真っ先に足がむくみますよね?
それは体の余計な水・老廃物が重力に負けて下にいくからなんです。

この水が溜まったままでいると体が排出しようとして、
それが足裏の大量の汗となって放出されてしまいます。


しかしふくらはぎを鍛えることで余計な水を足から汲み上げてくれるようになるので、
足裏の発汗を抑えることができるんですね!!

 

私はふくらはぎの筋力が落ちていたようで、これが一番効果がありました。

簡単な方法は
  • 壁に両手をついて立つ(体を支えるため)
  • ふくらはぎを使ってかかとを上げ下げ。(ゆっくり)
  • 30秒ぐらいゆっくり繰り返す
これだけです!!

ふくらはぎが弱っているとかなり効きます。
つりそうになることもあるので30秒がきつかったらもう少し短くしましょう。
無理のない範囲でやってみてください。

私はいつもシャワーを浴びている最中にやっています。

 

爪を揉む

手

緊張やストレスを抱えた状態。
つまり交感神経が優位のときに汗は出ます。

ということは交感神経の働きをゆるめてやれば汗が出るのを抑えることができるわけです。

そこでおすすめなのが”手の爪を揉むこと”

爪を揉むことで交感神経の働きが弱まり副交感神経が優位になりリラックスすることができます。

大事なプレゼン前や緊張を落ち着けたい時にやると効果的です。
爪を揉むことで足裏の汗から意識をずらせるのもいいですね。

私は苦手な方と話す時なんかについつい揉みながら話しちゃってますね。
お行儀はよくないですが身構えることなくポヤポヤしながら対応できるので重宝してます。

爪を揉む時は”薬指”だけは揉まないように!
薬指は交感神経の働きを強めるので逆効果です。
薬指以外の4本を揉むようにしましょう

 

糖質を控える

ドクターストップ

甘いものは好きですか??
私は白米と和菓子が大好きなんですが、足裏の汗がひどい人は糖質過多な人が多いんです。
現代人のほとんどが糖質過多とは言われていますが・・・・

なぜ糖質と足裏の汗が関係あるのかご説明します。

糖質は体に入るとエネルギーとして使われますよね。
余ったぶんは脂質になってしまうことをご存知な方も多いと思います。

この糖質ですが、実は体に糖質を貯めるためにはその分”水”が必要なんです。

糖質:水=1:3ぐらいの割合で水が必要だと言われています


糖質過多な私たちは糖質をたくさん蓄えている分、
水もた〜〜っくさん体に溜めているんです!!

この溜まってしまった水は”ふくらはぎ”のとこで書いたように足元に溜まりやすいため、
糖分を多く摂っていると足裏から水分つまり汗を出しやすくなってしまうんですね。

糖質制限食・・・・とまではいかなくても、
生活の中で削れる糖分は削ったほうがいいですね。

例えば
  • 白米の量を減らしておかずを増やす
  • 玄米にかえる
  • 間食はクッキーではなくナッツにかえる
とかですね、無理のない範囲で糖分を減らすことを考えてみてください。

 

私はこれも影響が大きかったですね。

白米が好きなんで食べる時はモリモリ食べちゃうんです・・・
なのでおかずをふやして(汁ものを多めにしたり、サラダをよく食べました、豆腐も多かったかな)
白米を減らすようにしたんです。

そしたらまず変化したのはトイレの回数。
糖質を減らしはじめた頃はかなりおしっこが出るように。

最初だけですが糖質が減ったことで体の水分を捨てていたのだと思います。

あとは副産物的なものですが体重の平均が1〜2kg軽くなりましたね。

足のしっとり感が減ったように感じるので効果はありますよ!!

糖質を減らすと初めは体がシャキッとしなかったり、
ひどいとふらぁ〜っとくることもあります。ご注意くださいね。

 

まとめ

足裏の汗の解消法をまとめると
  • 5本指ソックスにかえてみる
  • ふくらはぎを鍛える
  • 爪を揉む
  • 糖質を控える
の4点でしたね。

どれもすぐに実践できることなのでどれか一つでも試していただけたらと思います。

何をやっても全く治らない!という人は”多汗症”の可能性もあるので一度病院で診てもらいましょう。
多汗症はけっして珍しいものではなく日本人の20人に1人は多汗症と言われています。

あと一つだけ、
汗をとめるには「皮膚圧反射」を利用する手もあるんですが・・・(紹介しているところも多い)

皮膚圧反射
皮膚を圧迫すると反対側の汗が止まる性質のこと。

実際汗をとめるほどきつくすると血行も悪くなるし、止まるのも一時的なもの。

体に良い方法かというと眉唾ものでしたので本文には紹介しませんでした。

どうしても今止めたい!!という人には有効かも。

足裏がスッキリすると気分も晴れ晴れします。
ベタベタとさよならして開放的な生活を送れることを願ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。