カラコンで失明!?前兆はあるの?正しい使い方は?

カラコン

カラコンはオシャレでかわいいし、ちょっとした変身願望を叶えてくれますよね。

最近はファッション誌でも普通に取り上げられているし、レイヤーさんもほとんどの人が使っているのではないでしょうか?

しかし、多くの人が使っているからといって気軽に使うのは考えもの。

使い方を誤れば最悪失明も・・・・

そこで今回はカラコンをつけている時の危険なサインや前兆。
失明しないためにやってほしい正しい使い方や対策をご紹介します!

 

カラコン使用中の危険なサインや前兆

目をおさえる女性

カラコンは今やファッションの一部という位置づけになっていますね。

しかし大事なことはカラコンが医療器具であるということ。
度が入っていなくても医療器具であることには変わりありません。

間違った使い方をしているとなんらかの障害が起きることも。最悪失明に至るケースもあります。

なので使っている最中に以下の前兆があるようならただちに使用を中断してください!
  • 目が痛む、しみるような感じ
  • 目が痒い
まずはこれ。

使用している最中に「痒いな〜」とか「なんだか痛い」と感じる時はすぐに外してください。

たぶん体感的に気づきやすいのでまだ心配はいりませんね。

問題はこちら。
  • 目の左右、時計の3時と9時の方向が充血している
これが気づきにくいんです!

この左右に充血している時はカラコンによって目が酸素不足に陥っている状態。

カラコンは着色されているため通常のコンタクトレンズより酸素を通さない

結膜と角膜に細かな傷がつくとこの状態になると言われています。
幸い小さな傷なので外して一晩も経てば傷は回復するんですが・・・・

翌日も気にせずつけているとまた同じような状態になることも。

怖いのは角膜内皮という角膜の内側にうす〜〜い膜のような細胞の層があるんですが、
これが酸素不足によって死んでしまうこと。

角膜内皮は角膜内の水分を外に出すポンプの役割を果たす

この角膜内皮は一度死んでしまうと”再生することがない”んです・・・!!

一箇所死ぬとだんだんそれが周りに広がっていき・・・気づいたら目が白濁して失明なんてことに。

目が白濁してしまった画像はネット上にありますがヘタな特殊メイクよりも怖いので閲覧注意です。

すぐにこのような状態になることはありませんが、
それ故にカラコンを甘くみてルールを逸脱し使ってしまう人がいるようです。

しかし5年、10年と同じ使い方をしている確実に目の状態は悪くなってしまいます。
その時にはもう対処しようがありません。

絶対に使用方法を間違えないでくださいね!

使用方法も普通のコンタクトレンズと若干違うところもありますし、
気軽さゆえに見落としていることもありますので正しい使用法を見ていきましょう!

 

カラコンの使用法

なんども言いますがカラコンは”医療器具”

自分の目に合ったものを使うのが大前提!

なのでまずは・・・

眼科で検診を受けよう

メガネとランドルト環

一番当たり前ですけど一番億劫でやらないのが”眼科を受診すること”

ファッションの一部だから「眼科に行くなんて考えたこともない!」なんて人もいるかもしれませんね。

ネット通販では医療器具認定を受けたものも売っているので大丈夫だろうと思うんですが、
医療器具認定を受けているからといってあなたの目に合うとは限りません。

直径やベースカーブは人によって全く違いますからね。

合わないものをつけているとそれだけ酸素不足になったり傷がついたり、涙の循環が減少したりと失明のリスクは高まります。

病院で最低限自分の目に合うものを調べて「処方箋」をもらってカラコンを購入しましょう。
処方箋がなくても買えるところはあるのですがあとあとトラブルにならないよう保険のために眼科にいきましょう。

あとは三ヶ月ごとの検診にも行ってくださいね。

度が入っていなくても使用していれば目に傷がついたりなんらかの異常が起きている可能性もあります。
自分のためにも検診は必ず行ってくださいね!

ネット通販はやめよう

オンライン決済

大手通販サイトには人気商品ですから大量にカラコンが販売されています。

カラコン使用者の実に30%がネット通販で購入しているそう。

たしかに手軽で便利ですが・・・上記でも述べたように自分の目に合っているかがわかりません。

また
  • 医療器具認定を受けていない
  • 色落ちが激しい
  • エッジが鋭利すぎる
  • 表示と実際の機能が違う
など本来日本では許可されていないものや粗悪品を個人で輸入して販売しているところもあるのでリスクが大きすぎるんですよ。

安いし便利ですが目にいれるものですので安全のためにネット通販は避けたほうが無難です。

 

カラコンは長時間つけない

時計

カラコンは普通のコンタクトレンズよりも酸素を通しません。
そのため長時間の使用にはあまり向いていないんです。

通常のコンタクトレンズがだいたい10時間ほど付けっぱなしでも大丈夫と言われています。

対してカラコンは8時間ほどで使用をやめるようにとは言われています。

が眼科の先生に言わせると実際は6時間ぐらいが限度とのこと。

それ以上装着する生活を続けていると失明の可能性が年々高まっていくので必要な時だけにしましょう。

いつでもはずせるように度入りの人はメガネを必ず所持してくださいね!

 

カラコンの貸し借りはしない

ドクターストップ

これが意外に多い!!

コスプレが流行っているからかカラコンの貸し借りが非常に多いのだそう。

コンタクトの規格は人によってそれぞれですし、
なにより細菌感染の恐れがあるので絶対にやめましょう!!

「これおすすめだよ!試しにつけてみて!」なんて言われてもやんわりと断りましょう。
できれば貸し借りはいけないと教えてあげれるとグッドですね。

また洗浄液や保存液の貸し借りもNG!
必ず自分で用意したもので洗浄するようにしましょう!!

 

洗浄液にも注意!

洗浄液

カラコンも普通のコンタクトレンズと同じ洗浄液でいいんですが、
過酸化水素系のもにはご注意を!!

過酸化水素系は洗浄力が非常に強く、カラコンの色まで落としてしまうことがあるんです。

カラコンの中には過酸化水素系の洗浄でもOKなものもあるので一概には言えませんが。

おすすめなのは”ポビドンヨード系”の洗浄液。

洗浄力も強いし色落ちもしないしカラコンには最適です。

これ以下の洗浄力のものになるとアカトンアメーバを洗浄できないものがあるのでおすすめできません。

アカトンアメーバ
アカトンアメーバ角膜炎という角膜が白く濁ってしまう病気を引き起こす

水道水で洗うのは以ての外です!!
水道水中にはアカトンアメーバがいることがあるので洗浄しているつもりがリスクを高めてしまいます!
絶対にやめましょう!

 

カラコンはメイクの前に



カラコンをメイクの最後や学校・職場・会場への移動中、移動後につける人がいますがこれはNG

カラコンをつけるのはメイクの前にしてください。

メイクの後にカラコンをつけるとマスカラが付着することもありますし、

移動中や移動後の不安定な場所やトイレなどの不衛生な場所では目に傷がついたり細菌が付着することも。

使用時間が短いので大変かと思いますが、
つける場所を確保できるなら最悪目の周りのメイクは現地に行ってからでも・・・

 

最後に

いかがでしたか?
今回の内容をまとめると
  • 目の痛み
  • 目のかゆみ
  • 目の充血
がある時は使用をやめる。
  • まずは眼科で
  • ネット通販で買わない
  • 使用時間は6時間が限度
  • 貸し借りはしない
  • 過酸化水素系の洗浄液と水道水では洗わない、おすすめはポビドンヨード系
  • カラコンはメイクの前にする
以上がカラコンを使用するときの正しい方法でしたね!

正しく使えば最高のオシャレアイテム!
ですが目にいれる”異物”であるということはお忘れなく!

普通のコンタクトレンズとちょっと違うところがあるのでわからなくなったらまたご覧くださいね!

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。