はちみつの非加熱の違いとは?簡単な見分け方も!

蜂蜜をスプーンですくう

はちみつには加熱したものと非加熱のものがありますがその違いはいったいなんでしょうか?

どんなメリットがあるのか、また見分け方についてもご紹介します。

スポンサードリンク


加熱・非加熱のはちみつの違いとは?

はてなマークが浮かぶ女子

世の中には加熱したはちみつと非加熱のはちみつのそのどちらも出回っています。

まず加熱したはちみつについて。

加熱したはちみつは、はちみつの中に少量いるとされるバクテリアを死滅させるためより衛生面に優れており、消費者に”安心・安全”という価値を提供できるメリットがあります。

また生産者にとっては加熱することではちみつが溶けサラサラになり、採取や瓶詰、ろ過など生産工程でかかる手間やコスト・時間を削減することができます。

これだけ見ると加熱したはちみつにはメリットしかないように思えますが…
非加熱のはちみつの方が優れている点も多いのです。

非加熱のはちみつはベタベタとし扱いにくく、生産にはかなりの手間を要します。

しかし、はちみつというのは35度前後の環境でミツバチによって作られるもの。
加熱されてしまうとはちみつに含まれている酵素やビタミンなど多くの栄養素が壊れてしまいます。

また加熱されることで焦げ臭さが付き風味も損なわれてしまうため、はちみつ本来の美味しさも失われてしまうのです。

つまり加熱したはちみつは安価で大量に手に入るのですが、はちみつとしての効果・効能はほとんど期待できないのです。


はちみつの湯煎
はちみつは保管しておくと結晶化して固まってしまいますよね。
その際湯煎して溶かすと思うのですが、温度に気を付けなくてはいけません。
実ははちみつは60度以上になると栄養素が壊れはじめると言われています。早く溶けるからといって沸騰させたお湯で湯煎するのは大間違いなんです。
はちみつを溶かす時は50度前後に温めたお湯でゆっくり湯煎しましょう。

はちみつが非加熱かどうか見分けるには?

炎

はちみつを買っても加熱して栄養のあまりないものではさみしいですよね。

できれば非加熱の栄養たっぷりなはちみつを選びたい。
その見分け方ですがラベルを見ることで判断することができます。


  • 「精製蜂蜜(はちみつ)」と表記されていないもの
  • 「低温殺菌された」「加熱処理済み」などの表記がないもの

このように「精製」や「加工」といった文字が入っていないものを選びましょう。

また原材料の中に果糖ブドウ糖液糖やブドウ糖など人工甘味料の表記があるもの、はちみつ以外の保存料や添加物などが含まれているものは純粋なはちみつではなく混ぜ物や加熱をしてあるものなので選ばないようにしましょう。

きこり
たまに「ろ過していない」ことを訴求している商品もありますが、ろ過ははちみつの品質を左右することはないと言われていますね。

はちみつに白いカビ⁉純粋なはちみつは結晶化しやすい

はちみつの中に白い点々が現れて「カビ!?」と驚く方もいますが、純粋なはちみつであれば水分は少なく非常に糖度が高いので菌が繁殖できる環境にはなくカビが生えることほほぼありません。
結晶化したはちみつ
この白い塊ははちみつの糖類が結晶化したもの。
けっしてカビが生えたわけではも品質が下がったわけでもないので安心してください。
ただしはちみつを食べる際に水がはいってしまったとか、異物が混入した場合はそこからカビが生えることはあります。
 またはちみつが固まらないように水や果糖などが加えられているものは純粋なはちみつより痛みやすいです。
はちみつはきちんと管理すれば3000年は保存できるとも言われています。
実際に3000年保存した人はいないと思うので真偽のほどはわかりませんが、それぐらい保存に優れた食品なんですよ。

より品質の高いはちみつを選ぶには?

暗い色のはちみつ
非加熱のはちみつ=生はちみつの中でも品質の高い、より栄養素たっぷりのものを選ぶこともできます。
基準は「色」です。
はちみつは明るく透明な色よりもよりく暗く黒っぽ色をしたものの方が栄養価が高く風味も強いと言われています。
ただし色が暗くても「濃縮はちみつ(蜂蜜)」と記載されたものは混ぜ物をしてあるか加熱をして色が黒くなっているだけなので栄養価が高いわけではありませんので注意してくださいね。
きこり
暗い色のはちみつは栄養が豊富で風味が強い分、味の癖も強いものが多いです。食べにくいな~と感じるはちみつもあると思うので最終的にはやはり好みのものになりますね。

最後に

非加熱のはちみつは生はちみつと呼ばれ、はちみつ本来の栄養素と味をたのしめるものです。

すぐ結晶化して固まってしまったり、なかなか水に溶けなかったりと不便なところもありますがそれ以上にメリットの多いはちみつです。


ぜひ見分け方を覚えて非加熱のはちみつを手に入れてみてくださいね。

きこり
最後に付け加えになりますが、はちみつを食べる時は金属製のスプーンや容器を使わないようにしましょう。
はちみつは金属を溶かす性質があるので金属のスプーンを使うとはちみつに金属が溶け込んでしまうんです。ハニーディッパーか木のスプーンを使うようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。