赤ちゃんの目やには風邪や鼻水が原因?病院や対処はどうする?

生後間もない赤ちゃん

赤ちゃんの目に突然目やにがびっしりと!?
驚かれた経験はありませんか?

 

なんだか辛そうだし・・・何か病気にかかったんじゃないかと心配でどうしていいか分からなくなってしまいますよね。
今回はそんなお母さんのために、
目やにが出るのは風邪や鼻水が原因?他にはあるの?
病院選びや対処の仕方についてお伝えしていきますね。

 

スポンサードリンク


目やにの原因

主な原因は鼻水です、風邪を引くと鼻水が出ますよね。
それが鼻の奥から涙点(涙を捨てる場所)を通って目まで流れていき、細菌が目まで来てしまうんです。
そして細菌を追い出すために目やにとして出てくるんですね。

またお部屋の空気が汚れていたり花粉などの多い季節でも赤ちゃんの目やには増えてしまいます。
お母さんのくしゃみや咳で目やにが増えてしまうぐらい敏感なんですよ。
赤ちゃんのいるお部屋は清潔にしてあげたいですね。


またもし目が充血している、目やにが黄緑色っぽくドロッとしているようでしたら結膜炎の可能性もあります。
細菌が目に入っているために目やにが増えてしまうのです。


赤ちゃんの目やにが多くても上記のような様子が見られなければ過剰に心配することはありません。
もともと赤ちゃんはとっても目やにが出やすいからです。

涙を捨てる涙点という場所があるんですが、
赤ちゃんやまだ小さいお子さんはその通路が細いため非常に詰まりやすくなっています


そのため涙の行く場所がなくなり老廃物が目やにとして溜まってしまうんです。
大人になるにつれ目やにが減ったなぁと感じませんでしたか?
大きくなって体が完成してきたからなんですよ。

次に目やにの対処の仕方、
風邪や結膜炎の時にはどうしたらよいかご説明します。

 

目やにが多いときの対処の仕方

赤ちゃんの手がお母さんの手を握っている

目やにがドッと増えてどうも様子がおかしいと感じたら、
小児科で診てもらうのが一番です。


目の周りのことで結膜炎の心配もあるし眼科かな?と思っても小児科で大丈夫です、
ちゃんと小児科で対処して頂けますし、赤ちゃん用の点眼薬を処方して貰えますよ。
眼科では小児に対応できない所もあるので小児科がベストなんです。

病気ではない場合でも目やにを放っておくと結膜炎になる恐れがあります。
特に赤ちゃんが自分で取ることができないのでお母さんが取ってあげてくださいね。

使用するのは清潔であればガーゼや綿棒などで大丈夫です。
取りにくい場合は少しぬるま湯を含ませて優しく拭ってください。

目頭側は目頭に向かって、目尻側は目尻に向かって拭き取るのが目に入らず綺麗に取るコツですよ!

点眼薬をする時は赤ちゃんの瞼に触れないようにしてくださいね!
接触すると中で菌が繁殖して悪化に繋がってしまいますから。

 

まとめ

・赤ちゃんは目やにが多い!
・鼻水は目やにを増やす!
・目の周りやお部屋は常に清潔に!
・困ったら小児科へ!


です。
赤ちゃんのことになると、どうしていいか分からずパニックになってしまいますが、
お母さんが心配すると赤ちゃんに伝わってしまいます。
大変ですが、落ちついて行動すれば大丈夫ですから安心してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。