あくびはなぜうつるの?共感できるかがポイント?

猫が欠伸をしている様子

あくびはなぜうつるのでしょうか?

 

特に眠いわけでもないのに周りにあくびをしている人がいると・・・

ふぁ〜あっとあくびが出てしまいます。

 

ひどいことに私は「あくび」という言葉を見ているだけで出る時も(笑)

ここを読まれている方、読み終わるまでに一回はあくびをするんじゃないでしょうか?

 

でも中にはあくびがうつらない人もいるようですよ?

 

あくびはなぜうつるの?

あくびは眠いときや退屈なとき、緊張しているときにでます。

 

酸素が足りていないからだとか、緊張を取るため、

リフレッシュするためとか色々理由はありますが、

うつるときって全然関係なくうつりますよね。

 

実はあくびがうつるのには人間の共感力が大きく関わっているんです。

 

子供に対して行われた実験を見てみると、

2才の子は母親のあくびを見てもうつることがなく。

4才になると母親のはうつり、他の人のはうつらなかったそうです。

また5才では映像のような目で見れるものでうつり、

6才になると聞くだけであくびがでたようです。

小さい頃は人に対して共感できる能力が未発達なためうつることがないんですね。

 

共感できるかがポイント

人間は共感を大切にする生き物です。

笑うとき共に笑い。

泣くときは同じように泣きます。

あくびでも同じことが言えるんです。

 

ただこういった現象が起きるのは相手に共感しているか?共感したいか?がポイントになってきます。

 

面白いことに親しい相手であればある程あくびはうつりやすくなります。

つまり、関係が遠のく程うつりくくなるのです。

恋人や家族が一番うつりやすく、次に友人、同僚、知人、

全く関係の無い人と関係が薄い程うつりにくくなっていきます。

 

さらに言ってしまえば嫌いな人や苦手な人があくびをしても絶対うつらないんですね。

心を許していないわけですから。

ん〜ちょっと思い当たるところあるかもです(笑)

 

また相手の気持ちを察することが苦手な人もうつりにくいです。

中には人に共感することが不得手な人もいますからね。

一緒に泣いたり笑ったりできない人はあくびもうつりません。

 

男性と女性で言えば、女性のほうがうつりやすいですね。

女性は特に共感する能力が高いので。

 

まとめ

まとめるとあくびがうつるのは共感している相手・共感する能力を持っている人です。

 

ただし、あくびがうつらないからと言って共感能力がないんだとか、

心ひらいてないんだとかは考えないでくださいね。

距離を縮めるのが早い人も遅い人もいますから。

 

それにまだまだあくびのメカニズムは解明されていません。

これから新しい発見が見つかってくるかもしれませんからね。

 

余談ですが、あくびの連鎖で無限ループとかってないですよね?あるのかな?

ちょっと疲れそう。

 

まぁでも自分に心開いてくれてるか、意図的にあくびを出して確認・・・もしてみたくなりますよね(笑)

恋人にやってみてショック!!なんてことがないようにしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。