麻疹の予防接種の費用は?成人だといくら?

注射をするところ

麻疹の予防接種の費用はいくらかかるのでしょうか?

 

近年、成人している若い世代で麻疹が流行っていますね。

麻疹は成人してから罹患すると重篤な症状になりかねない恐ろしい病気です。

 

自分が予防接種を受けているかいないかなんて知らない人も多いでしょうが、

いざかかると大変なことになりかねません。

ただ検査や予防接種は料金がかかるもの・・・

どれぐらいの費用がかかるの?どうしたら良いのか?といったところを調べましたのでお伝えします!

 

スポンサードリンク


まずは抗体があるかチェックしよう!

まず麻疹(麻しん)の抗体があるかチェックする必要があります。

抗体があるのに予防接種なんてお金とワクチンがもったいないですからね!

 

ご両親に聞いたり母子手帳を見て

麻疹を罹患したことがあるか?

予防接種を受けたことがあるか?

 

罹患したことがあるなら抗体ができていると考えられるため予防接種は必要ありません

ただ風疹か麻疹のどちらにかかったか分からない、

かかったかどうか不確実であればかかりつけの病院に相談してください。

 

また予防接種を2回受けているようであれば抗体ができているので問題ありません

もし一度も打ってない、1度しか打っていないようであれば

抗体が弱まっているまた無くなっている可能性があるので検査した後予防接種を受けてください。

 

検査費用は自治体や病院によって差があります。

また麻疹と風疹両方調べることになると思いますので、

だいたい4000〜6000円ほどかかります。けっこうお高いです・・・汗

 

ですが、男性であれば高熱が出て生殖機能を失ったり

女性は麻疹の場合胎児に影響がでることは稀ですが風疹だと先天奇形を生じる場合があるので大変恐ろしいのです。

これぐらいの費用は惜しまないのが吉です。

 

予防接種の費用は?

検査を受けて予防接種が必要だと分かった場合。

麻疹単体の予防接種を受けるか、

MR(風疹・麻疹セットのワクチン)を受けるかになると思います。

 

ただ麻疹の抗体がない人は風疹の抗体も無い人が多いので、
(幼児期に予防接種を片方だけ受ける人は少ないMRを受けていることがほとんど)

MRを受けることになるでしょう。

 

MRの費用は一回10000〜15000円程(自治体・病院による)。

2回接種が必要なのでだいたい2〜3万円かかることになります。

ちなみに単体だと半額近くの5000〜7000円ぐらいですね。

 

1回目と2回目の間はだいたい3週間〜6週間空けなければいけません。

その間女性は3〜4ヶ月避妊をしなければいけないことに注意です。

子供を授かりたい時期の前にできれば終わらせておきたいですね。

 

なかなか予防接種はお高いですが、

周りの人や自分の子供の未来のことを考えるなら両方受けておくべきでしょう。

3万円ほどで未来の不安材料を消せるなら安いもんです!

 

そもそもどこでできるの?

これ意外と分かりませんよね〜。

 

実は大人でも小児科で検査し予防接種することが多いです。

大きな総合病院とかであればワクチンが置いてあることもあるんですが、

小児科にしか置いてなかったりするんですよ。

 

そもそも麻疹の予防接種は定期接種で幼児なら無料で受けられる期間があるんです。

そのため小児科にワクチンが置いてあるんです。

 

検査・予防接種がしたい場合はまず「かかりつけの病院」に相談し、

ワクチンが置いてある病院を紹介してもらってください。

いきなり病院を訪ねても在庫が切れていたり、そもそも無い場合がありますので!

 

最後にですが、

こういう話って自分は大丈夫だと思いたくなるものです。

でも何があるか分からないのが世の常です。

今後のためにも是非一度自分の体の状態をチェックすることをお勧めします!

スポンサードリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。