五月晴れの意味は?間違っている人が多いって本当?

hare

5月に入り気持ちのいい天気もちらほら

お天気ニュースでも「今日は五月晴れです!」

なんてことをよく耳にする季節ですね〜

 

5月の天気の良い日に使われるイメージがありますが、

実は間違った使い方である!

なんてことを聞きましたので本当がどうか見ていきたいと思います!

 

五月晴れの意味は?

ちらっと書きましたが五月晴れって聞くとこんなイメージがありますよね↓↓



めちゃくちゃ気持ちの良い天気ですよね〜

見ていて癒されたのでのせちゃいました!!

 

とこの動画みたいな天気のことを「五月晴れ」というんだ!

と私は思い込んでいたんですけど本来の意味とは違うようなんです。

 

五月晴れ(さつきばれ)の五月は旧暦でいう6月の意味。

6月と言えば梅雨でじめじめとしていてあんまり気持ちの良い月ではありません・・・

五月晴れなんて言葉と縁遠く感じます。

 

でもたま〜に晴れるときがあるんですよね?

そう!その時々晴れる日のこと、梅雨の合間に晴れる日のこと

「五月晴れ」というんです!

 

調べてた時は、「は〜思いっきり間違ってたわ〜・・・!恥ずかしい!」

ってなりましたよ!

 

でも安心してください!

今まで5月の晴れの日のことを五月晴れと使っていたのは間違っていて間違っていないんです!!

「へ??どういうこと??」

 

言葉は時代と共に移り変わるものです。

たしかに古くからの意味とは違いますが、

今の暦では五月は6月のことになってしまったのでいつの間にか5月の晴天の意味に変わっていったのです。

 

気象庁の用語でも「五月晴れ=5月の晴天の意」となっているんですよ!

なので現代で生まれた使い方も間違いではないのです!

 

反対の意味の言葉

samidare

五月晴れの反対の意味の言葉に「五月雨(さみだれ)」があります。

五月雨は6月の長雨・梅雨を指す言葉です。

 

何故かコチラは「5月の雨のこと」なんて意味にはなってないんですよね〜

ちゃんと旧暦どおりの使われ方をしています。

 

これには日常用語としての意味もあるからだと思います。

五月雨には「だらだらと断続的に続くこと」という意味があります。

例えばビジネスで一度に済ませられないことがある時に

「五月雨(式)で申し訳ありません(手間がかかるので)」なんて使い方をすることもあります。

 

このように会話として使う意味があると、

使われ方が変わることは難しいので本来の意味のまま使われるのでしょう。

 

 

いかがでしたか?

季節の言葉ってそのままだったり意味が変わっていたりで難しいですよね!

今回は「五月晴れ」はどっちの意味でもいいんだ!ということがお伝えできていればと思います!

 

しかし、もうすぐ五月雨の季節ですよね〜・・・(雨音好きなんですけど!)

その前に五月晴れの気持ち良さを存分に味わっておきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。