休み明けの仕事が憂鬱…やる気を出すには??

頬を触り悩ましげな女性

休み明け・・・特に連休明けのあのなんとも言えないだるさ・・・

なんとかならないもんですかね〜

 

と思っていても休日は終わってしまうもの。

今回は休み明けでやる気が出ない時にはどうしたら良いか?

憂鬱にならないためには?といった内容でいきたいと思います!!

 

スポンサードリンク


憂鬱にならないために!

休み明けに「やる気がでない」「だるい」「憂鬱」となってしまうのは、

休み中に生活リズムが崩れてしまうことが原因です。

 

平日は毎日忙しいでしょうから朝早く起きて、

夜もなかなか眠れず睡眠時間も短い…

休みの日こそゆっくり寝たい!!とほとんどの企業戦士が思います!

 

ゆっくり眠ることはとても幸せなんですが、

仕事初日はその反動で一気にだるくなってしまいます。

 

できれば普段と同じリズムの生活を。

もしくは寝る時間を早め起きる時間を同じにするなど、

朝の時間を平日と同じように過ごすことで憂鬱さやだるさは改善されます。

 

ゴールデンウィークやお盆など長い連休の際は、

仕事が始まる2〜3日前から生活を整えていけばOKです!

 

身体をスッキリさせるために!

気持ちよく仕事を始めるために身体をスッキリさせておくことが大事です。

 

趣味や旅行、恋人と過ごしてスッキリなんて人も多いですが、

幸せな時間とのギャップで憂鬱になることもありますよね。

 

そうならないために”声を出す”ことをオススメします!

 

声を出すと活力が湧くと科学的に証明されており、

ストレスの軽減の効果から、

前頭前野に働きかけ雑念を吹き飛ばす効果があります!!

 

カラオケで思いっきり歌うもよし、

海岸沿いで愛を叫ぶもよし、

声をだすならなんでも大丈夫です!

 

ブルーな気分やだるさ、

「嫌だな〜」なんて気持ちを捨てることができるので、

気持ちよく仕事の始まりを迎えられますよ!

 

そもそもやる気は行動の後についてくる!

そもそもの話になりますが、

仕事をやる前から”やる気”を出すのは無理なんです。

 

仕事が好きで好きでたまらない!!

休みなんてなくていい!なんて人はやる気は常にマックスでしょうが、

いくら好きでも休み明けは難しいもの。

 

実は行動心理学では、

やる気は行動の後についてくるものだと言われています。

 

つまり”やる気”を起こすには、

何か少しでもアクションを起こさないとダメなんです。

 

パソコンの電源を入れる、

ソフトを起動する、

車に乗る、

制服に着替える、

など何かしらの行動がやる気を促すんです。

 

実際「今日はやる気がでないな〜」なんて思っていても、

やり始めたら集中していた!なんて感じたことがあるんじゃないでしょうか?

 

なのでやる気が出ないときでも、

ほんの少しアクションを起こしてみましょう!

一気にエンジンがかかりますよ!!

 

最後に

いかがでしたか?

休み明けの仕事は疲れるものですが、

少しでも仕事はじめがスムーズにいけばと思います!

 

やる気ではないですが、

体調も崩しやすかったりしますのでお気をつけくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。