豆乳は女性ホルモンを増やす?飲みすぎは逆効果!?

豆乳

豆乳美味しいですよね〜!

私は紀文豆乳飲料の「爽香杏仁(さわやかあんにん)」味が大好物です!

というか杏仁一択!!!

・・・最近置いてるとこ全然見かけないんですけどね。大泣

 

話がそれましたが豆乳ってめちゃくちゃ飲みますって人もいれば、

牛乳と違って全く飲まない!飲んだこともない!!って人も結構いると思うんですよね。

 

飲過ぎな人にも、全く飲んでいない人にも特に女性に向けてお伝えしたいな〜と思うことがあったので、

今回は豆乳って一体どんな効果があるのか?

女性ホルモンを増やす?飲過ぎは逆効果ってどういうこと!?

といった内容でいきたいと思います!!

 

スポンサードリンク


豆乳の効果!女性ホルモンを増やす?

豆乳は女性に良い!!

特に女性ホルモンに効く〜とか女性ホルモンを増やす〜なんて聞きますよね。

 

たしかに豆乳には女性に嬉しい効果が目白押しでして、

・コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けてくれるので美肌効果があり
・ビタミン類も豊富でさらに美肌効果!
・むだ毛を減らすかつ、髪の毛を増やすしかも髪の質を向上させるという空気の読みっぷり
・含まれているサポニンのおかげで痩せやすい体質に!なんなんだ君は!!


といった具合の優等生っぷり。

 

さて肝心なのは女性ホルモンについて、

豆乳に含まれるイソフラボンという成分のことを聞いたことがありませんか?

このイソフラボンが今回のメインゲストです!

 

女性ホルモンに効く、増やす〜とよく聞くと最初に書きましたが、

厳密には増やすのではありません。

イソフラボンが女性ホルモンと似た・近い働きをするんです。

 

なので女性ホルモンに効くのでも増やすのでもありません。

助けるという言い方が近いでしょうか。

 

エストロゲンという女性ホルモンがありまして、

これに近い働きをするので植物エストロゲンと言われているんです。

 

さてさてこのイソフラボンの働きですが、

・バストアップ効果!
・コレステロールを減らす
・脳細胞を活性化、頭を良くする!
・自律神経のバランスを整える、ストレスを軽減!
・乳がん・更年期障害などの婦人病を抑える


こんなにあります!!

 

これはどれも女性ホルモンの働きなんですが、

豆乳を飲むことで足りない分を補ってくれるんです!

 

ここまで読んでくださった方はもう相当豆乳が飲みたくなってるのではないでしょう・・・か!?

そんなことない!って人も次の内容はぜひとも目を通してくださいね!!




スポンサードリンク

 

飲過ぎは逆効果?!

両手で口を覆い驚いている女性

「これだけ身体にいいんだから飲み物全て豆乳に置き換えればいいんじゃね??」

みたいな考えは要注意!!

実は過剰摂取は身体に良くないんです・・・

 

適度にイソフラボンを摂れば生理周期が整うものなんですが、

摂りすぎると全く生理が来なくなったり時期がずれたりするようになります。

また卵巣や男性では精巣に有害作用があると懸念されています。

 

他にも子宮内膜増殖症のリスクが高まると言われておりまして、

イソフラボンの摂り過ぎは身体に毒なんです、なんでも”過剰”はいけませんね・・・

 

普段から豆製品を口にすることが多い日本人です、

豆乳などで上乗せして補うにしてもイソフラボンは30mgが良いそう。

製品によってイソフラボン含有量が違うので一概には言えませんがだいたいコップ1杯ぐらいが目安です。

 

最後に

いかがでしたか?

「いや〜そんな裏の顔があったか!」

といった感じでしょうか。

 

「豆乳大好きで水分補給は全部豆乳だよ〜」

なんて豆乳マスターな方は少し控えた方がいいかもしれませんね。

 

もちろん最初に書いた健康効果もあります!

なんでも”適度に”が一番です。

摂り過ぎ、摂らなさすぎもいけません。

 

せっかく素晴らしい効果を持っている豆乳です。

良いとこだけしっかり頂戴しちゃいましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。