青ヶ島観光は覚悟が必要?費用は?ヘリで荷物を運ぶときの注意点!

青ヶ島を空から写した様子

映画やファンタジーの世界なのではないかと見間違うほど美しい「青ヶ島」

現実のしかも東京都に該当するというのだから驚きです!

 

この自然が生んだ奇跡の島に行ってみよう!

と観光に訪れる人が後を断たないぐらい人気なんですが、

なかなか行くのが大変なんです・・・

 

青ヶ島に行く人は”覚悟”が必要です!

そんな大げさなと思われるかもしれませんが、

その理由を説明していきますね!!

 

覚悟が必要ってどういうこと?

行きも帰りも大変

まず青ヶ島の場所です。

東京都に区分されていますが相当離れているんです。

直線距離にすると羽田空港から新潟市まであるぐらい・・・!

 

また青ヶ島までの直通便もありません。

一度八丈島まで飛行機か船で経由する必要があり、

そこからまたヘリか船での移動が必要になるんです。

 

さらに追い打ちで予約が困難ときてます・・・

八丈島までは飛行機が1日3便でていて問題ないんですが、

八丈島から青ヶ島に行くときですよ!問題は!

 

なんとヘリも船も1日1往復しか出ていないんです!!

1日1回ですよ!

逃したら終わりです!

 

それなのにヘリは定員9人、船は定員45人とかなりシビア・・・

ヘリはいつも予約でいっぱいの状態です。

 

最悪青ヶ島に行けない時は残念だったで済みますが、問題は帰りですよ!!

予約できても天候次第で欠航もあります。

船に関しては欠航率なんと50%!2回に1回は欠航って・・・

酷い人は2週間青ヶ島から脱出できなかったとか・・・

 

ヘリは船ほど欠航しませんがそれでも安心できません。

飛ばない日なんて日常茶飯事!

一週間分の新聞がまとめて来るなんてことがある場所なんです!

 

もし行く場合は帰れなくなることを”覚悟”する必要があるってことです!

 

費用は?

移動を何でするかによって全然変わってきまして、

まずは最速で行ける方法から。

 

もっとも早く行けるのは飛行機とヘリで、

移動時間はなんと約1時間20分(計)

ただ片道だけで一人合計23910円かかります。

 

両方船にすると移動時間は13時間と一気に増加。

ただし値段は片道10740円(2等利用の場合)とかなり節約できます。

時間に余裕がある方はこちらもで良さそうですね。




スポンサードリンク

あとは滞在費ですね。

宿は島内に6つあり、一泊9000円前後

宿は基本1日三食付きなので宿泊費だけで過ごすことは可能です。

というか食事のできる場所が少ないので3食付きじゃないと厳しいです・・・

 

あとは何泊するかでおおよその見積もりができると思います。

ただし何度も言いますが”帰れなくなること”があります。

費用に関しても余裕を持っていた方が安心です。

こんなこと言っちゃうと全然見積もりなんてできないんですどね…汗

 

ちなみに13万6000円から2泊3日のツアーも出ています。

色々セッティングがめんどうという方は検討してもいいかも。

ただ自分で計画した方が遥かに安価に済みますよ。

 

ヘリで荷物を運ぶときの注意点!

ヘリで移動する人も多いと思いますが、

一つ注意点があります!

 

それは荷物の重量・大きさについてです!

重量は5kgを超過してから1kg毎に220円の追加料金をとられます。

 

また長さは120cmまで!

青ヶ島は最も魚が釣れるスポットとも言われていますし、

つりを楽しみに行く人もいると思いますが、

釣り竿を持っていく場合には気をつけてください!

最悪載せられないことがありますので!

 

持ち物の話ついでに一つ!

青ヶ島はめちゃくちゃ天気が荒れやすいです。

 

季節によっては島がずっと霧がかってるなんてことも・・・!6月とか。

しかも風が強いのでレインコートを持参することをオススメします!

本土とは全く気候が違うので用心してください!

 

最後に

ここまで読んでくださった方には、

なんとな〜く覚悟が必要だとご理解頂けたかなと思います(多分?)

 

とにかく帰れない時が一番困りますので、

仕事やお金の都合はつけておいてくださいね。

 

それでも大変なこと以上ににとっても美しい島です。

苦労を忘れるくらい良い旅になると思いますよ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。