潮干狩りで便利な持ち物は?子供連れで行く時に!

hama

子供と一緒に潮干狩りに!

色々と子供にはさせてあげたいですからね〜

自然の恵みをいただく経験はとても貴重な体験になりますよね!

 

いざ潮干狩りに!と言っても、

初めてでしかも子供連れ・・・・

何を用意したら良いの?と悩みますよね。

 

今回は潮干狩りに初めて行く!子供と一緒!という方に向けて、

便利な持ち物は何かご紹介していきます!

 

持っていくと便利な物

便利というか必須な”熊手”

熊手はこんな感じのです↓

kumade

画像のようにアミアミの付いているものがアサリを捕りやすいので便利です。

ただし!会場によっては禁止されている所もあるので事前にチェックしてくださいね!

 

素手では5分ともちませんし、

怪我の恐れもあるので必ず用意しましょう!

ちょっと効率は悪くなりますがスコップでもいけます。

 

またレンタルしている会場もありますので調べてみてくださいね!

 

サンダル

潮が引いている時であれば長靴でもいいんですが、

子供は長靴を失くしてきます(笑)

 

裸足では怪我をするのでサンダルを用意しましょう。

かかとまでカバーしていて固定できるタイプが安全です。

sandaru

 

ザルやネット、カゴ、バケツ

アサリを入れておくためのザルやカゴが必要です。

みかんネットのような目のアミがあると大変便利です。

ami

 

みかんネットぐらいの目だと

バケツに海水と一緒にいれておくことで、

砂出しをしてくれるからです。

手間が省けますよ!

 

持ち帰り用のクーラーボックス、忘れがちな氷

kurabox

持ち帰る際にクーラーボックスがあると良いです。

バケツでも持って帰れるんですが、

熱でアサリがダメになってしまうことも・・・

 

せっかくの潮干狩りも台無しになってしまうので、

クーラーボックスは必ず用意しましょう!

 

あと忘れがちですが”氷”がないと意味がありません!

予めペットボトルを冷やして凍らせておいたものや、

ロックアイスを用意しましょう!

 

海水を入れるペットボトル

家で砂出しをする時に、

海水を持って帰ってると楽です。

けっこうな塩をいれないといけませんからね・・・

 

日焼け対策グッズ

paraso

まだ日差しが強くない季節ですが、

晴れでも曇りでも日焼け対策はしておいたほうが良いです。

 

帽子や日傘、余裕があればパラソルなど。

また日焼け止め用のクリームを持っていきましょう。

1日いる方も多いでしょうから、びっくりするほど焼けます!

 

着替え・水着・タオル

子供は海水まみれ泥まみれになります・・・

しょうがないんですけどね。

下着や着替えは予備を2着用意しておくと良いでしょう。

 

あとはタオル。

こちらは多めに持っていきましょう。

顔もべったべたにしますので!

 

砂遊びセット・虫取りアミやカゴ

sunaba

子供はおとなしく潮干狩りのみをしているなんてことはありません!(笑)

カニやらナマコやら他にも生き物がいますからね、

面白いものを見つけるとそっちにすっ飛んでいきます。

 

なので子供が他のことでも遊べるように、

砂場セットや虫取りアミやカゴがあると喜びます。

用意してあげましょう!

 

防寒対策も!

子供の体温はとても変わりやすいです。

まだ海水は冷たいですし、

場所によってはず〜っと海水に浸かっていることになります。

 

子供自身は夢中になっていて分からないかもしれませんが、

唇が紫になっていたり、顔が白くなっていたりします。

 

なのでいつでも温めてあげられるよう、

カイロや上着を用意しましょう!

カッパがあると汚れても大丈夫ですし、防寒にもなりますので便利です!

 

休憩用のイス、飲食物

ずっと屈んだ状態なので大変しんどいです・・・

喉も乾きますし休憩は必須。

 

子供のためにもお菓子やジュースは必要です。

途中で飽きちゃいますしね。

イスは100均でも買えますのであると便利です。

 

赤ちゃん用のウェットティッシュ

拭き取るためのウェットティッシュも必要です。

海水は微生物やら細菌やらでいっぱいです。

そんな状態でモノを食べさせるわけにもいきません。

 

子供さんにも使えるウェットティッシュを用意していきましょう。

シャワーなどの設備がないとこでは足を拭くためにも使えますし何かと便利です。

何度も言いますが子供は本当汚しますので!

 

ハンドクリーム

これも忘れがち!

ずっと海水に触れているので、

びっくりするほど手がカサカサになっています。

 

肌の弱いお子さんだと荒れちゃいますので、

子供も使えるハンドクリームを用意しておくと便利です。

 

最後に

いかがでしたか?

潮干狩りの準備のイメージがなんとなくできたのではないでしょうか。

 

持ち物ではありませんが最後に注意することを1つ。

潮の満ち引きはかなり早いです。

気付いたら深さが変わっていることもしばしば。

 

いつの間にか深みができていることがありますので、

小さいお子さん連れの方はくれぐれもご注意くださいね!

 

では楽しい潮干狩りを!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。