熱中症対策の食べ物を手作りで!身近なアレが!!

暑そうな太陽

6月の頭ですけど既に熱中症の方が出ていますね汗

梅雨前だからって気を抜いていると簡単にばててしまいそうです・・・

 

かといって水分補給をしているから大丈夫!!

ってわけでもないのが熱中症。

しっかり摂るべき栄養は摂らねばなりません!

 

サプリメントとかは買わなきゃいけないし、

熱中症対策のメニューとかなんだか大変そう・・・という方に向けて、

とっても簡単な手作りの食べ物をご紹介します!

 

スポンサードリンク


熱中症対策の栄養素は?

まずは熱中症に効果的な栄養素が何かを知りましょう!

重要なのは3つです!

 

カリウム

汗をかくと塩分が排出されますが、

一緒にカリウムも排出されます。

 

カリウムは細胞内に多量に含まれており、

これがなくなると細胞が脱水症状をおこした状態になります。

 

カリウム不足で細胞がダメージを受けると内蔵や重要な器官が機能しなくなることもあり、

非常に重篤な症状に陥ることも・・・

 

生成された食品には含まれておらず現代人は不足がちな栄養素です。

普段からきちんと摂取する必要があります。

 

ビタミンB1

ビタミンB1は乳酸などの疲労物質を分解する能力や、

神経機能や脳を正常に保つための機能など非常に重要な栄養素です。

 

これが不足していると乳酸を分解できず、

倦怠感や疲労感が増し、ひどいと手足の痙攣などを引き起こします。

熱疲労や熱痙攣といった症状ですね。

 

ダイエット中の人やお肉を食べない人が不足しやすいので注意が必要です。

ばてやすいなぁと感じる人は摂取を心がけてみましょう!

 

クエン酸

クエン酸は乳酸の発生を抑え、疲労物質の発生を抑制してくれます。

また血液をサラサラにし、疲労物質をエネルギーに変換する力もあります。

 

これが不足すると血液がドロドロになり

唇が青黒くなったり顔色が悪くなり

熱射病のようなひどい熱中症になることも。

 

酢の物が嫌いな人も多いですから、

あまり摂取できてない人も多いですね。

 

熱中症対策に良い簡単手作りの食べ物!

さて必要な栄養素は分かったのでここから食べ物をご紹介していきます!

とっても簡単なものばかりですよ〜

 

ほうれん草とハムのソテー

ほうれん草

忙しい時にササッと一品!なんて時に作るお母さんも多いんじゃないでしょうか?

バターとか醤油でさっと炒めるだけで簡単ですからね!

 

ほうれん草はカリウムを豊富に含み、

ハムはビタミンB1をたくさん含んでいるため、

これだけで2つの栄養素をカバーできるんです!

 

さらにほうれん草は貧血や疲労を防ぐ効果があるので、

屋外でスポーツをしているお子さんがいる方には最適なメニューですよ!

 

バナナミルクにレモンを足して!

バナナ

バナナはカリウムが多く、

レモンを足すことでクエン酸を補うことができ、

非常に熱中症に強いドリンクとなります。

 

かつバナナミルクだと、

カルシウムとマグネシウムを効率良く摂取できるので、

筋肉や神経系の働きを円滑にしてくれます。

 

過酷な環境で運動や仕事をしている方には最適な飲み物と言えます!

 

実はこれ以上にもっと身近で簡単な食べ物があるんです!

次にご紹介します!

 

最強の熱中症対策の食べ物は身近なアレだった!?

実は日本人になじみの深い”あの食べ物”が

カリウム・ビタミンB1・クエン酸を網羅しているんです!

 

それは「梅干しおにぎり」です!!!

梅干しおにぎり

 

米は栄養を落としていない玄米で、

梅干しを入れてにぎり、

あとは海苔をまくだけ。

 

これだけで玄米のビタミンB1。

梅干しのクエン酸。

海苔のカリウム。

と全ての栄養を摂ることができるんです!

 

簡単かつ梅干しが入っているので腐りにくい、

持ち運ぶのにも最高の食べ物と言えます。

 

熱くてなかなか喉を通らない時でも、

酸味のあるおにぎりなら多ベられるのもポイント。

 

夏バテにも非常に効果的なので、

夏場お弁当で悩んでいる時や、

熱中症が心配・・・なんてイベントがあるときに是非作ってくださいね!

 

熱中症とは無縁の楽しい夏をお過ごしくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。