ヤマボウシの実の食べ方!味や効能は?

ヤマボウシが花をつける季節になりました!

庭に植えたい木としても非常に人気がありますよね〜

 

5〜7月にかけては花。

9月秋に入ってからは実と紅葉で楽しませてくれるヤマボウシ。

 

赤くて可愛らしい実をつけるんですが、

じつはコレ食べることができるんです!

 

でもどうやって食べたらいいのか分からない・・・という方のために、

ヤマボウシの実の食べ方。

それから味や効能についてもご紹介します!

スポンサードリンク



 

ヤマボウシ

ヤマボウシの白い花

ヤマボウシは春の終わりから夏の始まりにかけて花を咲かせます。

他の花とはちょっと時期がずれるので非常に目立つのが特徴です。

 

この白いのが花だと思われるかもしれませんが、

じつは総苞と呼ばれる部分で花ではないんです。

花は真ん中のちょっとゴツゴツした緑のものです。

 

白い部分は他の花で言うと、

ヤマボウシのツボミ

赤丸のツボミのように花を被っている葉の部分にあたります。

 

同じ時期に咲くアジサイも花に見える部分はじつは花じゃないので、

ちょっとタイプは似てるかも?

 

ヤマボウシの実の味・食べ方

ヤマボウシの実

ヤマボウシは赤くゴツゴツした実をつけます。(ベリー系に似てる?)

さてお味は?

 

ヤマボウシの実は山の果実の中ではとても甘いです。

アケビに似たような、ちょっとバナナにも似たような南国系の味をしています。

 

種の周りが特に甘いように感じます。

食べ方ですが・・・

 

生で

ヤマボウシはでいけます。

赤くゴツゴツした部分は皮なので剥いて、

中の濃い黄色をした果実を食べます。

 

細かい種が多いので食べられる部分は少なめ。

冷凍してシャーベットのようにスプーンで掬って食べるのも美味しいですよ。

 

私は何故か喉が痒くなるので、

たくさんは食べられませんが汗

 

ジャム

ヤマボウシの甘味はジャムによく合います。

 

実のザラザラした部分を落とすようによく洗い、

皮ごと鍋に放り込み潰す。

 

砂糖を投入。(実と砂糖の割合は3対2ぐらい。)

水が出てくるまで中火にかけます。

 

出てきたらザルか何かで漉して、

再び火にかけとろみをつけ、

レモンを加え一煮立ちさせ完成です。

 

ヤマボウシが大量にないと満足に作れないのが難しいところですね・・・

 




スポンサードリンク

果実酒

果実酒は時間がかかりますが一番向いているかと。

 

仕込みは簡単で、

良く洗ったヤマボウシの実を容器にいれ、

実の3倍の量のお酒を入れ、

氷砂糖を好みの量いれてつけ込むだけです。

 

ホワイトリカーで作るのがオススメです。

ヤマボウシの実がそもそも甘いので、

辛口がお好きな方はそんなに砂糖を入れなくても良さそうです。

 

酸味が足りないのでレモンを少量一緒につけ込むといい感じ。

 

つけ込んでから2ヶ月後に実を取り出し、

半年熟成して完成です。

 

最後は濃いワインのような色になりますよ♪

 

ヤマボウシの効能は?

食べるなら何か効能があると嬉しいなぁと思い調べました。

 

どうやらヤマボウシには

・滋養強壮
・健康増進

といった作用があるようで元気が無い時に食べると良さそうです。

 

またアントシアニンが含まれているので、

目の疲れにも良いとのこと。

 

仕事で疲れた時の一杯に飲んでみてはいかがでしょうか?

3 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。