節分・豆まきの由来は?いつ撒くのが正しいの?

豆まきをしているイラスト

節分ですね!

節分と言えば「豆まき」ですよね。

 

子供のころから当然のようにしてきた豆まき。

でも、節分や豆まきの由来を詳しく知っていますか??

 

今回は節分・豆まきの由来と正しいやる方、時間帯などをまとめめましたので見ていきたいと思います!

スポンサードリンク


節分の由来は?

節分って「季節を分ける」ことを言いますよね?

だったら節分は4回のはずなのに何故2月3日が節分としてメジャーなんでしょうか?

 

節分は「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前日にあります。

季節の始めは「春」

昔の1年は立春から始まったので2月3日が今の大晦日のような日だったんですね。

そのため立春の前日が特に節分として意味されるようになったのです。

 

では何故新年を迎える前日に豆をまく習慣ができたのでしょうか?

またどういう意味があったのか見ていきましょう。

 

豆まきの由来

まず何故「豆」なのか??

昔の日本では「豆」は「魔を滅ぼす=魔滅(まめ)」と解釈され、

邪気を祓う意味合いがありました。

 

昔話では京都に現れた鬼に対して、

「鬼の目=魔の目=魔目」としてそこに「豆=魔滅」をぶつけたことで、

鬼を退けたという話もあります。

 

昔から、豆は無病息災を祈るものという意味があったんですね。

では、何故節分にまくのでしょうか??

 

中国から伝来

古来の日本は中国と同じ暦を使っていました。

中国では節分の日に難を追うと書く「追儺式」が行われていました。

 

追儺の儀式には、悪鬼や厄神を追い払う意味があり。

日本の「豆=魔滅」と強く結びつき節分に豆をまく習慣ができたのです。

 

古来からの伝統ある行事だということが分かりましたね!

ちゃんと意味のある行事にするために正しい方法を見ていきたいと思います!

 

豆まきの正しい仕方

ますは炒った豆を用意します。

炒った豆は「福豆」と呼ばれ撒いても芽が出ません。

生の豆では芽が出でしまい、縁起が悪いためです。

 

この福豆を升に入れ神棚に備え、

家の主、年男、年女、厄年の人が撒きます。

家族全員まくわけじゃないんですね!

 

まき方は、

「鬼は外」と言いながら外に2回

「福は内」と言いながら内に2回

夕暮れ時に行います!

鬼がやってくる時間だからです。

 

それから年の数だけ福豆を食べます

もしくは年の数プラス1つ食べます。

 

昔は大晦日にあたりましたから来年の分もということで1つ多めに食べたようですが、

現代は2月3日で既に年は越していますからどちらでも良いでしょう。

 

若い頃は良いのですが年齢を重ねるにつれ豆を食べる量が多くなってきますよね・・・

食べるのがきついなぁ・・・という方に朗報です!!

良い方法があるんです!

 

それは福茶という方法です。

茶碗に年の数だけ豆を入れ、そこに熱お茶を注ぎ飲みます。

これで、年の数だけ豆を食べたのと同じになるそうです!

 

最後に

いかがでしたか?

少しでも参考になれば幸いです。

 

今回はカッチカチの伝統的な方法のご紹介をしましたが、

こうでなければならないということはないと思います。

 

お父さんが鬼の役で子供さんが豆をぶつける方が楽しいですしね。

お母さんは大変ですが・・・

 

家族の幸せを願って楽しくできるといいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。