お中元はいつまでに贈るの?沖縄だけ時期が違う!


お中元

お中元の時期がやってきましたね!
年賀状とはまた違って、人との繋がりを確認できる良い機会ですよね〜

ただ悩むのはお中元の時期!
地域によって全然違ったりするので、
いつ贈っていいものか分からなくなるんですよね・・・

そこで今回はお中元の時期はいつからいつまでなのか?
九州や沖縄は違う?
といった内容でいきたいと思います!

スポンサードリンク



 

お中元とは?

お中元は中国の道教の「三元節」が起源と言われ、
7月15日に贖罪のためにお供えをしたのが始まりです。

三元節
上元(1月15日)、中元(7月15日)、下元(10月15日)の三元。
それぞれ竜王の孫にあたる天官大帝、地官大帝、水官大帝の誕生日とされ盛大にお祭りが執り行われた。

中元の地官大帝は善悪の判断に優れ、人の罪を許す神さまであると言われています。
そのため7月15日は”贖罪の日”として、罪や穢れを贖うため隣近所に物を贈る習慣が始まったのです。

それが日本ではお盆の時期と重なったために、
先祖の供養と合わせ日頃お世話になっている方々にお礼をする風習として根付きました。

お中元は残り半年も健康に過ごせることを祈って贈り、
お歳暮は一年の締めくくりですからご挨拶も兼ねて贈るという違いがあります。

 

ちょっと下世話な話ですが、
お中元よりお歳暮のほうが豪華になるのが一般的なようですね。

 

お中元はいつまでに贈ればいいの?

さて今回のお題はこれですからね早速みていきましょう!!

 

実はお中元を贈る時期は東日本と西日本で違いがあります。
  • 東日本では6月下旬〜7月15日まで
  • 西日本では7月上旬〜8月15日まで
 

一ヶ月近くひらきがありますね!
地域によってはまたさらに違うところもあるので複雑・・・・

本来はこれだけ時期がズレているんですが、最近では東日本と西日本でも時期が重なる7月1日〜7月15日までにお中元を贈るのが一般的になってきているそう。

とりあえず迷ったら7月1日〜7月15日までに!と覚えていただければ大丈夫です!

 

しかし!!
全く時期が違う地域もありまして・・・

次にご説明します!

 

沖縄は違う?

沖縄

実は沖縄は上記の時期とは異なるんです・・・

なんと!!
  • 沖縄では”旧暦”の7月15日まで
どうして旧暦の7月15日までなのでしょうか?理由を見ていきます!
実は沖縄は現在も旧暦を基準に行事を行っていることがほとんど。

旧暦の7月15日は沖縄のお盆にあたるんです。(旧盆といいます)

 

旧暦を基準にするので実は毎年お盆の時期が違います・・・

旧暦

改暦以前に使用されていた暦法のこと。太陰太陽暦。
月の満ち欠けを基準にし、新月から新月までの約29.5日を1月と考えた。
現在の暦と1年間で11日ほどのズレが生じるため19年に7回の割合で閏月をいれることでズレをなくす。
そのため現在の暦と月日が一ヶ月ずれることも。


まず2017年の旧暦7月15日は今の暦で9月5日になります!!つまりお盆の期間は

2017年9月3日〜9月5日

沖縄にお中元を贈る場合、2017年は9月3日前までに届くようにすればOKです!

ちなみにどれぐらい毎年違うかというと・・・
  • 2018年は8月23日〜8月25日
  • 2019年は8月13日〜8月15日
  • 2020年は8月31日〜9月2日
ん〜〜見事にバラバラ!!
2019年だけは現在の暦とほとんどおなじになりそうですね〜

 

まとめ

まとめますと大事な点は2つ!
  • 一般的には7月1日〜15日までに贈れば問題ない
  • 各地域のお盆までに贈る
この2点を覚えておけば困ることはないはずです。

 

実際はそんなに厳密に時期を守らなくても大丈夫です。
時期が過ぎて残暑御見舞になってもいいんです。

大事なのは日頃の感謝を込めること。
気持ちがこもっていればいつでも喜ばれるものですよ!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。