目に対する紫外線の影響は?シミが怖い?

sigaisen

だいぶ日差しが強くなってきましたね・・・
近年は痛いぐらいになってきたなぁと思うんですが、気のせいでしょうか?

さてさて日差しが強くなると気になってくるのは紫外線。

皆さん思い思いの紫外線対策をしていると思いますが、
意外と盲点になりやすいのが
肌は完璧だけど目は何も・・・なんて人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は目への紫外線の影響について見ていきたいと思います。

スポンサードリンク



 

紫外線はこんな影響が!

bikuri

近年オゾン層の減少により、
地球に降り注ぐ紫外線の量は増えてきています。

紫外線はビタミンDを生成をしてくれたりとメリットもあるんですが、
強すぎると身体には
皮膚がんなど様々な害を及ぼします。

 

目にはどんな影響があるのでしょうか?

実は、目にはある程度紫外線を防ぐ力がありまして、
ほんのちょっと日に当たるぐらいではほとんど影響はありません。

ですが冬のスポーツや、キャンプなどのアウトドア、
現場仕事など屋外での活動時間が長い場合は注意が必要です。

長時間紫外線に当たったり、強い紫外線を浴びるようなことがあると、
・翼状片(よくじょうへん)
・白内障
・嶮裂斑(けんれつはん)
の3つの病気に罹るリスクが高まります。

軽度なものでも目が疲れやすくなったり、
ドライアイや目が充血しやすくなります。

重篤になると失明したりと怖い病気です。

 

目から紫外線が入るとシミができる!?

tarumikeana

紫外線を浴びるとシミができるのが嫌ですよね。
そうならないために肌は必至でケアしていると思いますが・・・

なんとマウスの実験で目に紫外線を浴びるとメラニンを生成することが・・・!

紫外線が目に入ると脳下垂体に刺激が行き、
メラニンを生成するよう指令が出るのだそう。

つまり目から紫外線が入るとシミができるリスクが高まるということです。

もちろんマウスの実験なので人間も全く同じことがいえるか?
と言うと定かではありません。

しかし分かってからでは遅いので、
できるだけ対策はしておきたいですね!

 

日本人は紫外線の影響が強い!?

ikari

日本人は白人に比べ目に紫外線を受けやすいんです。

平均的な日本人と白人を比べると、
彫りの深さが約2倍も違うんです。

そのため彫りの浅い日本人は白人の1.6倍近くも紫外線を目に入れてしまうんだとか!?

それだけ目の病気になりやすいということなので、
屋外に出るときは対策が必要ですね。

 

サングラスと帽子はセットで!

megane

サングラスと言えばブラックやブラウンなど濃い暗い色をしていますよね。
色の濃い暗いものほど紫外線対策になるような気がしますがそれは間違い。

色の暗さは可視光に対して意味があり、
紫外線には全く効果がありません。

UVカットのものであれば透明でも効果があるんですよ。

サングラスの見た目に抵抗があり普段使いしにくい人でも、
透明のカットグラスであれば気軽に使えますよね♪

 

UVカットの眼鏡を買うときは“UVA”カットがどうかを確認してください。

紫外線には種類があり、降り注ぐうちの95%がUVAと言われる紫外線なんです。
このUVAをカットできないと95%は浴びちゃうことになるので、
ほとんど効果が期待できません・・・お気をつけ下さい。

カットグラスが用意できたら後は帽子です。

できるだけひさしの長いもの、目を太陽から隠せるものを選びましょう。
サングラスと帽子で紫外線を90%以上は防げるようになりますよ!

 

最後に

目の病気は最終的に失明になったりと恐ろしいものです。

そうならないために紫外線を防ぐだけでなく、
ケアも大切です。

今日はたくさん浴びたな〜と感じる日は、
ビタミンCやビタミンAを良く摂りましょう!

目の回復に加え、シミの沈着や紫外線によるダメージの修復もしてくれますよ♪

目は一生もの、大切にケアしてこの季節を乗り越えましょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。